コミコミの連休中盤

皆さんいかがお過ごしでしょうか?
fukuは予定通りでかけました。
民宿などはどこもいっぱい。まぁ日本でならなんとかなるし、気にせず行くことに。
日曜日の夕方に出かけて、月曜日に羅臼に到着。
久しぶりに友人ななめさんに会いに行く。
忘れていたけど、鮭シーズン。ちょうど捌いていました。
d0129962_12543988.jpg

ななめさん「おお~~久しぶり何している?から始まり、この後の予定は?」
fuku「何も決まっていない。てきとうに回るかな。」
ななめ「忙しいから、ヘルパーして。」
ふく「良いよ」 だいぶ前にもそんな事をしばらくしていた事もあたので、その瞬間予定も決まりました。
明日は雨だし、3食寝るところ付きだし。

ななめ「とりあえず5時くらいに帰ってくれれば良いや?!」
いいんっすか!!それで。

ということでウトロに向かいました。
知床が世界遺産になった関係もあってか、巨大な道の駅が出来ていた。
道の駅を作るのに海を埋め立てたようで、以前の町の中心を通っていた道が裏手に回っていた。
とりあえず、以前はお世話になった知り合いのところに食事をしに行く。
近くの海産物を出すお店は20人とか並んでいた。うっひょ~、そんなに並ばれへんわ!!
とりあえず、食事をしながら話を聞いていたら、知床五湖は朝9時の時点で駐車場待ち2時間だとよ。
もし、ご飯食べるのに1時間待って、五湖見るのに2時間待って1時間歩いたら、一日終わりそうっすよ。
ということで、自慢のカレーと注ぎ足されるコーヒーでお腹もたぽたぽになったので、fukuはオロンコ岩とオシンコシンの滝にしました。
オシンコシンは、観光客の見るスポットと違うちょっと穴場ポイントで拝見。天を望む気分かな。
少ししたら、羅臼だけのガスも引いてきたので、羅臼岳に向かうことに。
d0129962_146580.jpg

羅臼だけもさすがにこの寒さだと登られへんなとか思いつつ羅臼に戻る。
戻って本番。
fuku「いらっしゃいませ。○○様ですね。」などなど。
こんな感じで、お客様のご案内から始まる。
少し経つと怒涛のような仕事が待っているのだ。この宿はご飯の量(米で量では無く、おかずの量・種類)が半端じゃないのだ。
ここにいると太るので気を付けなければならない。
という事で、晩御飯準備7時にご飯なので、5時過ぎから取り掛かる。

3人立ち回っている間にすぐに夜7時
fuku「お食事の時間ですよ~~」とkayaの時とはちょっと違う感じで何でもします。
7時にご飯が始まり、はじめの歓声からしばらくすると沈黙・雑談・沈黙する頃には9時。
既にキャパ超えているようでした。と言えども、ドSのななめはまだフライを出すのだけども、食べられないのでお持ち帰りコースになりました。
ここから片づけが始まり、大体10時位になるとすべての作業が終わる。
なんだか変な旅のような気もするが、ただ手伝いに来た感じか?
[PR]
by studio_kaya | 2009-09-21 21:05 | つれ