北海道の暑さなど喜びだ。さて発汗?!

このネタ先週書いていたブログなので、少し遅いか?!

同じ運動をしていても、やたら汗をかく人、まったく汗をかかない人、原因は様々(更年期・多汗症等々)あるけど、ちょっとしたネタ。

汗腺は3歳児位までの環境によって決まると言われている、エアコンなどの使用によって体温調整する機能が低下する。
それによって常温自体が低くなったりする。

熱中症にならないためにも、汗をかき自身の温度調整が出来る体にすることが大事である。

解消法
汗腺の数は生まれつき同じでも、汗腺が働いているかどうか?
いつも言っていることだが、今まで動いていなかった所をどのように動かすかに近い。
汗腺をトレーニングする。
・汗がにじむ程度の運動。
・風呂はぬるめで20分。
・むるめの水分をチョコチョコ飲む。

注:風呂上り、冷たいビール・冷たい水などを避ける。エアコン扇風機も。

急激なエアコンなどは汗腺の機能を低下させる。
外気温による肌の温度低下に脳ミソは追いつけず、脳は暑さを感じていても、肌は体温調整する機能が低下し、発汗し難くなり熱中症などを起こすこともある。

札幌は夜寝難い日は終わったが、まだ日中は注意したい。

汗かきを上手くなり、血流を上げ、リンパの流れ、デトックスなど等、効果的な作用を得るためにも、せっかくヨガやピラティスしているんだから、呼吸に意識を向けてみましょう。
[PR]
by studio_kaya | 2010-08-20 07:01 | つれ