もっと目を開かないと。

今日は雪も降り、北海道らしく雪かきです。

雪掻きしていると二通りの時が有り、

・無我夢中になって何も考えずに没頭している自分。
おかしな集中です。←時間・集中の無駄使いの感が強く感じるのが嫌だな。。
・考え事に意識を向け、雪かきの時間を有効に使おうとしている自分。
これはこれで、考え事のパターンが良くないのですが。

こんな時はクラスの事を振り返る事が多いです。
kayaメインのアライメントのクラスに関しては、2通りのやり方で進めています。
・皆で同じ事を進めてゆくパターン。(比較的、受動的感)
・それぞれのやり方で、分けて行う方法。(能動的にやらないといけないから、それぞれの経験で変わる。)

後者の時は、それぞれの強度が違うから色々な見方をしないといけない。
そんな時に、みんなにもっとできると鼓舞したりするけど、いつももっとできると言ってしまう人が少々いまして。
本人はその時の限界までやっているのに、つい言ってしまっている時があり。
頑張っている人に、頑張れってナンセンスな話は無い。
自分が頑張れって感じになる。

そんな事を、ちょっとした時に考えてしまう。
fukuはもっと大きな目で見ないといけないんだと。。
本当に色々な反省を繰り返し、迷うことが多い。
迷いが多いからこそヨガが必要で、もっと内なる目をひらくべく修練しないといけないんだな。
何事も思いやりをもって、いつも生徒としても歩む。
ヨガ(エクササイズ?!)が出来る人はいるけど、大切なのは人として素晴らしい事だとおもう。
そんな思いやりのある良いヨギーになりたいですね。
[PR]
by studio_kaya | 2014-12-09 23:21 | つれ | Comments(0)