やっぱり、やる気は必要でしょ。

本格的に寒くなってきましたね。
東京の実家でも、とても寒い日が続いていると言っていました。
そりゃ~。暖房器具ないしね。

今週は生徒さんの一人が触発された番組(ドラマ)があり、気になったので見てみました。
物語なので流す感じで、カレー作ったり、洗濯している間にけっこう進むもので。。。

面白い番組でした。あるプロになるために成長してゆく内容です。
その中で印象に残った部分がありました。

やる気のない生徒を受け持った先生の言葉です。
「やる気のない生徒にやる気を出させるほど、やる気のある教師じゃない」
という言葉がありました。

この言葉の後に面白いのは、こんな感じの事を「生徒はお客様だから、夢や希望などは叶えてやりたい・・・」みたいな感じで続きます。
つまり、生徒にあわせてクラスをしてゆくってこと?
まぁ、この世界でもありますが。
生徒の顔色見て、おもねるような事を言う先生も。
褒めて育てるみたいな感じ?
と言いつつも、事務的にやることになるのだけど。
見てなくても、それいいですね~~。っと歯が浮いた事を言えば良いからね。
褒めている部分が正しいかどうかはたいして見ていなくても、褒めることが正しいなんてナンセンスや。
見てないからこそ出来る、ある意味技やな。

ヨガに関していえば、ヨガを教えている時はRajasicでも構わない。
やる気のない生徒にやる気を出させる。奮い立たせるのはとても大変です。
先生もエネルギーが必要です。先生がそこそこなら、学ぶ側だってそこそこになるよね。

僕が出会った、数少ない素晴らしい先生は情熱的でその瞬間を大事にして教えてるのがよく分かります。
だから生徒もその時出来るMAXまで頑張る。
クラスは情熱的でエネルギーに溢れています。
翌日は筋肉痛。ありがたや。

しかし、クラスが終わり日常に戻ると、とても穏やかで優しい方が多く、かつ子供の様に純粋で好奇心旺盛な方が多い印象があります。
面白いのは、外で喫茶店・食堂などご一緒させて頂いている時でも、ヨガの話になったとたん熱くなるので、たまに周りの人が驚いてたりする。笑
それを見ていると、自分も情熱的に楽しくクラスが出来ればと思います。
辛い時にでも鼓舞できるように努めます。

明日も楽しくヨガしましょう。

d0129962_21042106.jpg


[PR]
by studio_kaya | 2016-01-17 20:55 | つれ | Comments(0)