脳の萎縮予防には、中年期の運動が大事。

脳の萎縮予防には、中年期の運動が大事との記事がありました。
そこには、「運動をすれば血流が増え、より多くの酸素が脳に運ばれて、年を取ってからの認知力の低下を防げるかもしれない」とのこと。
血や酸素が脳に運ばれるのは、クラスが終わって頭がスッキリするのにも関わっている部分ですね。
ヨガは運動?と同じ分類にしては、智慧も何もない感じになりますが、壮大な課題の中の一部分として同じ効果を得れるのはヨガの副産物ですね。


上記に関しても、ASANAもPRANAYAMAは呼吸器と循環器系を正しく機能させるので、ヨガをしていれば。。

外的な薬剤を使用せず、ヨガは自然治癒力の機能を高める事で効果的に、そして確実に治癒してくれると、グルジは言っています。

以前、僕の親父も脳梗塞で一度倒れ、回復した今も病院に行っています。
その予防のためにも西洋医学では、薬を使用し治癒プロセスを早めますが、それは確実なものではないと思っています。
ただ、年と共にそれを否めないのも事実かもしれませんが、僕らはその不自由な状態を知らないから、自信の身体を無駄にし大切にしていないと思います。

それは何かあった時の保証!!今なら〇〇も付いて!!なんと!!さらに2つなんて言う、保険で補うのではない。
毒にならないサプリ(ヨガ)を身体全体に浸透させることですね。

クラス中に写真撮る暇など無いわ。

d0129962_20303130.jpg



[PR]
by studio_kaya | 2016-02-20 20:41 | つれ | Comments(0)