何度でも繰り返して。自分のものにする。

この月だけで何度書いたことだろう?

クラスでの一瞬でも感じられる変化、人によっては感じられないかもしれない。
それも大事だけど、分かること分からないことを明確にしてゆく事だと思う。
分からないのも問題ない。
何がどうなのか分かるには時間が掛かること。
そして、分からないければ何度でも繰り返せば良い。

始めて間もない人が分からないのは当然で、足し算理解できていない人に、掛け算を教える(を知ろうとする)ようなものだと思う。
それでも子供と違って、大人になると皆と同じくらいできないと!!なんて、自尊心・執着それによる嫉妬などなど。。
それを知ろうと、誰かに聞いてもそれは無駄だ。

グルジが言っているのは、「体験は真実で、言葉は真実ではない。言葉は誰か他人のものであるが、体験はあなた自身のものである。」

焦らず正しい練習を繰り返すこと。
その過程の中で、自分にとってヨガが何かを考えていければ良いかな。
なんて思います。

一緒に頑張りましょう。
[PR]
by studio_kaya | 2016-02-26 16:47 | つれ | Comments(0)