勉強すること。知ること。

自分が全てと思っていたら、勉強は必要ない(?)のかもしれません。
知れば知るほど、無知が露見し、だからこそ葛藤してゆくのかと。
知らぬが仏!とは、よく言ったものです。

しかしながら、年齢と共に障害にあたることが増え始めます。
人生の転機は、時に良くも悪くも働きます。
その障害に直面した時に、勉強していることで僕らはそれに対して向き合える力が備わってゆくのだと。

僕自身が皆を変えられる、なんてことは思っていません。
手助けは出来ても、問題は自分自身の中にあります。

頻繁に話すことですが、今回は違ったニュアンスで。。。
例えば、kayaという教室を僕はやっています。
今となっては、札幌での知名度は中の中くらいか?そんなことはどうでも良いけど。
そして大手さんや、まぁ色々やっている所は〇〇行った~?なんて話題に上がるようなところだと、たいそう綺麗で広々して立派です。
過去には僕も務めていたから知っています。
何もなくて、生活感のない部屋みたいな感じ?たとえが違うか。
そこに努めている人、あるいは通っている人にとって、kayaに来たら物が多くて・物が犇めき合って狭くて、なんだか家みたいに思うだろう。
と言うより、その様によく言われます。

スタジオと言うより、家系ヨガ教室に思えるかもしれません。
(家系ラーメンを真似てみました。)
僕も時として、面白い所になったよなと思っているくらいだしね。

だとしても、この広さは僕とっては広すぎるくらいに感じるし、家みたいに感じたとしても、通っている生徒は僕にとって家族の様ものだし、遠くから来たら生徒さんは泊まればいいし、物が多いのは、正しく行うための手足だから無くてはならない。

ヨガするのに安全で気持ちよく行いたいから、巡り合わせがあれば変えたいところはあるけど、広くとか大きくしたいなんて思えないだよね。
どちらかと言えば、恵まれているし、ここでは無ければ出来ないことも多いし。
僕はとても満足している。おそらく、真面目に通ってくれている人は分かっていると思う。

たとえ話が長くなりすぎてしまったけど、結局は自分次第です。
人と比べたり、羨んだりすることで、何だか満たされていないなんて思うかもしれませんが、自身を満たすかどうかは、自分自身の問題です。

勉強してゆけば、なんて些細な事で迷っていたのかと思えるかもしれません。
勉強と言っても様々ありますが、Yogaは人生の勉強が出来る素晴らしい友になります。

楽しく毎日を過ごしたいなら、kayaに来てみてください。
成長できるかどうかも自分次第。でも一緒に学ぶことは出来ます。
一生懸命になれるように、その手助けはします。
d0129962_23223946.jpg

[PR]
by studio_kaya | 2016-04-30 00:01 | つれ