感謝を忘れないように。ここからスタートしましょう。

昨日、kayaの9周年をいつものメンバーで、差し入れと共に過ごしました。
と言っても、差し入れなかったら気が付かなかった?

僕が抜けてるのは書いていますが、僕より教室を気にかけてくれている生徒さんが多くて、kayaは恵まれています。
ASANAに拘ったり、自分だけが何かを極めたいとか、カラダ(表層)だけに執着するとかが無く、純粋にヨガをしてくれて素晴らしい仲間に出会えたと思っています。
感謝をどのように示すかが、難しいです。
僕がもっと学んで、皆にシェアすることくらいしかできないですが。

もし、上記に拘るのであるならば、kayaでヨガをするのではなく、どこかほかの所に行ったり、別のエクササイズすれば良いかもしれないと。書くことじゃないけど。
ヨガをしている理由が、何か自分の中にある、あるいは欠如しているからこそヨガをしている。
通ってくれている方自身が感じているか、深層部部からの指令かも知れませんね。
それに気が付いて、素敵な自分を見つけないと。

量だけではなく、質も高める。
そして、人としての質もヨガによって高めることはできます。
表層部分を改善したり、変えてゆくのは、あくまでもヨガの副産物だとグルジは教えてくれています。
その奥にあるものを、感じ・観れるように。
ここからスタートです。一緒に楽しくヨガしましょう。

d0129962_16113109.jpg
d0129962_16070034.jpg
朝日にかかっている雲も、徐々に消えてゆきます。
僕らも、自身の中にある靄を払ってゆきましょう。
この後の天候は崩れてしまったのですけどねーー;


[PR]
by studio_kaya | 2016-08-01 04:53 | つれ