久しぶり書いてみます。ポッキーの日でしたね。

先日の雪も落ち着きましたが、いよいよ冬の準備が必要です。
鉢植えも移動しないといけないし、自転車もバイクも保管しないと。
バイクは整備しとかないといけないし。車のタイヤは変えたけど、もろもろ準備しないといけないしね。
雪が降ると必要のない事に時間がとられます。
四季とはこのことですが。。

この所、生徒さんの中にも熱心に勉強する方が増えてきて、底上げされています。
勉強は分からないことが分かった時、疑問ができた時にその事に近づいてると感じます。
ヨガのクラスの時、僕も以前ならクラスを受けていてASANAがそれらしくできるから、分かっているのような感じで受けていたとおもう。

もし今日同じ内容を学んだら、違う事を経験できるのが想像できる。
昨今の学校の勉強と同じように、暗記して、明確な回答、○×の世界での勉強は本来の姿か?
機械的な学びでは、その勉強の意味にたどり着く事は無いかも知れない。

そして、その様な勉強法ではヨガの深さは分かりかねるかと。
表現・印象・疑問・経験等々、様々な形で自信に衝撃を与える。
ヨガではPhysicalな学びは一部としても、更なる深淵は自分の努力でしかたどり着けない。

Yoga In Action にある文面の一つに、「赤子が新しいおもちゃを貰った時のように取り組む」言い方は若干違うかもしれないけど、何事にも好奇心を持ち、それに対面し向かっていく様こそ勉強だと思う。
そう考えたら、興味があり疑問ができたら、自分でも勉強することは可能だ。
そこにたどり着くにも、何度でも繰り返し練習したり、読んだりしたりする必要がある。
無論、自分自身での考えや空想等々は別、道標の為に先生が必要だけど。

そして、先生と言われる存在こそ、学び深き生徒にあった時でさえ指導できるように日ごろから学ばなければならない。
一朝一夕でできる事ではない。
学び続ける為にも、先生であり生徒でなければならない。

昨日も一昨日も僕こそ、生徒から学んだことが多いです。
そんな生徒たちに会えたのも幸運です。
毎日、充実ですね。

多くをするのではなく、質を上げてこそ観える事があります。
楽しく練習しましょう。

そんなクラス受けたい人はkayaで一緒に学びましょう。

札幌ファクトリーではこんな感じです。
d0129962_07045235.jpg

d0129962_07045325.jpg

[PR]
by studio_kaya | 2016-11-11 05:30 | つれ | Comments(0)