スリラー 25周年記念リミテッド エディション

グラミーでも出る出ないで、話題になったあの人。
そう。我らのマイケル・ジャクソン。
なにやらこんな記事が、
「あなたのケータイに“踊るマイケル”、歴史的PVを配信」
この言葉からさらに見てゆく。

「【豪華参加アーティスト】ウィル・アイ・アム、ファーギー、エイコン、カニエ・ウエスト
【25周年記念盤用新曲】ニュー・トラック5曲(R&B/HIPHOP界のスーパースターが参加)+未発表曲2曲

・ガール・イズ・マイン2008 with ウィル・アイ・アム
・P.Y.T.2008 with ウィル・アイ・アム
・スタート・サムシング with エイコン
・ビート・イット2008 with ファーギー
・ビリー・ジーン2008 カニエ・ウエストMIX          」

アルバムは知ってたし、曲も知ってるけど、物増やしたくないし、曲はアップルストアーを使えばいいっしょ。
でもね、冷静に見る。見ているうちに、、、
こりゃ、かなりやばいメ~~ン。
マイケルも勿論だけど、この面子ってすごいし、好きだし。
今聞いても古さを感じない、マイケル・ジャクソン。
今は細分化された音楽だけど、当時のマイケルの曲はどのジャンル(ジェロとは違い演歌はちゃうか。)でもいけそうな完成度。
やっぱり欲しくなる。

そして思い出す。
スリラーが出た当時、東京のうちの実家の近くに大型スーパーマーケット(イトーヨーカドーのアリオみたいなところね。)ができた。
チャリダー一家のfuku家は、小さいにも拘らずチャリに乗ってその大型店に行く。
何があるのか?何をしに行くのか?それは分からなかったし、今でも何しに行ったのか分からん。
でも、その時に唯一記憶に残るのは、そうスリラー。
最新大型店舗の大型店でしかも最新レコード屋さんでは、スリラーのPVをひたすら流していた。
子供ながら、そのPVを見たときの衝撃は忘れられない。
「なんじゃこりゃ~~」とはまさにスリラーに当てはまる。
親とは散り散りになって、そこでずーっと見ていた記憶がある。

今見ると「何だかな~?!と思う」とか言っている人も居たけど、今見てもあの味がたまらないし、あのダンスもかっこいい。
で、早速玉光堂に行く。あれ、無いな。。。
fuku「すみません。店員さん店員さん」「マイケルの25周年CD無いんですか?」
店員さん「もう売れきれたんですよ~~。」
fuku「ほへ~~。」
そう、売れきれてました。
早速、タワレコ(TOWER RECORDS)に連絡。
店員「まだ多少残っています。」 ここには有った。安心しきったfukuは、その足でタワレコに向かうことなく、胸を撫で下ろした。
売れきれそうです。欲しい人は、速攻でタワレコに行ってください。
さて、ラーメンマン並みに我慢の子、fukuは買うのか買わないのか?
それは自分にも分からない。
[PR]
by studio_kaya | 2008-02-25 12:57 | つれ