断髪式

かなり伸びていた髪。誰かに会う度に髪形変えた?とか聞かれていた。
いや、伸びてるだけ。何もしてないっす。
髪もくくれるようになり。楽になったはずだけど。

噛み切りました。いや、髪切りました。
まぁ、10日位経ってるんだけどね。

カットに出かける。店内には沢山の人。仕事の合間に来ている人、おばちゃんなども。
さて、カットの番が回ってきた。
いつもは、東京に行った際に切るのでけども、面倒くさいので札幌で。
はじめての所なので、ちょとお兄さんの様子に注目。
結構切って貰うつもりだったんだけど、最初のカットを見て「その位で良いです。」と、告げる。
普段は見ないし、眠ったように目を閉じてしまうが、自分が諦めに状態なるまでは見入ってしまった。
すぐ、切り替えちゃうんだけどね。

そして、じゃじゃーん。まるで七五三のようなこれ誰だっけか?と鏡を見る。
初め言ってたより切られてるし。
鏡をもち後ろを見せてくれ「どうでしょうか?」のような感じで聞かれるが、どうもこうも無く。
「よいです。(良いではなく、結構ですに近い?)」と答えるしかない。
無いもの増やしてくれとは言えんしな。
短髪なのに昔のキムタクのようなロン毛にして下さい。と言っても無理なのと同じだわな。

そして出歩くわな。会う人会う人、「あれ~~。どうなちゃったの?」「何があったの?」「別人みたい!」。
いや、何も無い。別人でもない。そして髪も無い。
すこぶる評判悪い。まぁ当たり前か。
ということで、最近会う人には「ズラです。」と言う。
[PR]
by studio_kaya | 2008-04-28 13:12 | つれ | Comments(0)