ヨガのティーチャートレーニング

長きに渡るティーチャートレーニングが最近終わった友人?!が「最近はインスタントに先生になる人もいたりするので、これからトライする人は「先生選び」を慎重に!!」こんな事を。
そして、「簡単に理解なんて出来ん」とも。
納得だなとか思いながら。

fukuが札幌に来て2年、アシュタンガヨガを始めて7年?8年?ヨガを始めて何年?分からん。
ともあれ、fukuは今は皆さんと共有してヨガをしている訳だけど、さかのぼる事3~4年前にこんな事を考えていた。
寝ても覚めても夢見てもヨガだけの頃、なんとなくヨガの先生になりたいと思っていた。
その頃にはアシュタンガヨガのティーチャートレーニング(指導コースってやつね。)は済んでいて、一応(ここは正式指導者ではないのでね。)アシュタンガヨガのレッスン持たへん?とお誘いもあったりしたけど、自分自身納得しないのもあり最低あと5年は練習すると決めていた。

ある時、当時関西にはまだアシュタンガヨガとしてレッスンをしていたのが一箇所しかない頃(今はアシュタンガヨガのレッスンはやってませんが)、そのスタジオをやっていた友人が言った。
「fukuちゃん。もしfukuちゃんが指導することを望むなら、多分今を逃すともうその機会は来ないかもしれないよ。自分が納得できないと思っていても、そんな時は来ないと思う。ヨガってきりが無いから。」
この言葉で、自分自身の方向性は決まった。
でもその後もTTC受けたりWSでまくったりして、そのアドバイスからようやくfukuは2年後に札幌に来るわけだけど、やっぱり納得しているわけでも無いし、ヨガって始めて10年経って初めてヨガのヨの横棒くらいにしか至らないって言う位だから、やっぱり初心者なんだなと感じる。

でも、ちょこっと資格取りました~~って言うよりはいいでしょ。
割り切ってインスタントになれないから逆に良くないのかなとも思うけど、でもフルインスタントになっても面白くないし、深く理解するの為にもちょこちょことやってゆきましょう。
[PR]
by studio_kaya | 2009-03-31 22:24 | つれ