カテゴリ:インドとヨガ( 47 )

冬こそ、猫背や不調に負けないように。楽しくヨガしましょう。

今年は一気に寒くなりました。

思えば、クラスでPranayamaの練習が皆とあまり出来ませんでした。
この時期になると、kayaでは1時間以上前にはストーブにタイマーを掛けるのですが、教室が温まりにくい。窓が多いのも原因の一つですが、それ以上に下の階のテナントが殆ど居ないので、床冷えします。
そうなると、Pranayamaの練習を教室で行うのは大変です。

ここからの時期は、身体が縮こまり、猫背や肩こりになったり、頭痛を患う人も多いので、そんな不調にならないようにクラスではビシバシやります?

ラジオの宣伝で、面白いこと言っていました。
歩幅を大きく、上を見て歩いている人と、歩幅狭く?下を見て歩いている人の幸福感は、上を見て歩いている人のほうが圧倒的に高いそうです。ニュアンスは上記な感じです。

下を向いていたら、猫背と言うやつですね。
猫背は負の連鎖ですね。循環器系の機能の低下により、血液巡回も下がりますし、消化器系、排出機能が低下します。
ついでに言えば、肩こり、頭痛等々の防げる痛みも伴います。

そういえば、東京でヨガやっている時は僕もヨガマットを持ち歩いていました。
当時Yogaマットを持ち歩いている人も少なく、認識がなかったと思います。
その時に渋谷のビル街の隙間から空を見上げていたら、職務質問されたことがあります。
路地に引かれ、その黒いバックは何だ?〇スリしてるんじゃないか?など聞かれました。
kayaの生徒さんにも、先生は悩みとか無いよね~~。いつも楽しそう等、言われるけど。
当時も、それほどHappyに見えたのでしょうか。

確かに、かなり充実してるし、楽しい日々送っています。
それも、先生やkayaの皆のおかげです。
感謝しながら、勉強に戻ります。

幸せは誰かが決めるのではないよ。
と言っております。
d0129962_23145768.jpg


[PR]
by studio_kaya | 2016-11-19 23:56 | インドとヨガ | Comments(0)

ヨガをする。そのクラスとは?

先ほど帰りました。
今日もとても意義が有り、楽しいクラスが出来ました。
みんなの疑問・問題が、fukuの課題になって勉強させてもらっています。
毎日が前進あるクラスが出来て、皆に感謝です。

何より通っている方の意識がとても変化していて、本当にうれしいです。
今までの受動的だったクラスが、個々が協力してクラスをしていて知識と知性が通ったクラスに進化し、、こんなクラスは普通ないよな~~。

アーサナクラスしていて思うのは、個々で得意苦手の内容は必ずあり、時間が掛かるのはだれでも同じで、意識に関してはやはり経験がとても重要。
経験が少ない方も多いけど、それだけでクラスが成り立っているわけではない。
クラスはそのアーサナが全てではなく、その中にヤマとニヤマが無ければならない。
どのような意味なのかは、皆に気が付いて欲しいです。

数名の方に関しては、本当に変わってきました。
それが自然に振る舞えるようになり、人としての成長が素晴らしいです。
fukuはぼんやりしながらも、見ていますよ。

これからも日々進化しながら、楽しくヨガしてゆきましょう。
[PR]
by studio_kaya | 2014-09-07 23:49 | インドとヨガ | Comments(0)

行ってきます。

成田は良い天気です。
僕は2年ぶりに海外の田舎に帰ります。
今回は強行軍になるので、どの位グテグテになるのやら。
時期的に荷物が増える時期ですが、それでも最低限な量で旅に出ます。
普通にヨガに行くわけでなく、よっぽどの人じゃないと行けない旅なので楽しみです。
帰国したら、狂喜乱舞の様お知らせします。
今回もお休みして皆に迷惑おかけしますが、今後ともよろしくお願いします。
[PR]
by studio_kaya | 2013-02-07 12:25 | インドとヨガ | Comments(0)

世界の車窓から 2

今日の「世界の車窓から」

ものすごく楽しみにしていた、今日の世界の車窓から!!

本日はカンニヤークマリのインド最南端の岬「コモリン岬」です。

聖地はバラナシ・ハルドワール・カイラス山とあるけれど、ここも聖地の一つで、多くのインドの方が訪れます(他の聖地も楽しいけど、fuku的にはここは最高に好き)。

僕が大好きな土地で、ケララのシヴァナンダアシュラムからも比較的(あくまでもインド距離ですが)近く、他の南インドと違う空気を味わえます。

僕も何度か訪れていますが、南インドに来たらここに来なかったら勿体無いくらいです。

僕的には、super power spot。

だいぶ前のブログで書いた気がしてきました。

この地には、ティルヴァッルヴァル(Thiruvalluvar ・詩人です) の巨大な銅像(高さ40m位・鎌倉の大仏が台座含13メートル位)があるのも有名(?!)かな?

更に、ここにはヴィヴェーカーナンダが瞑想したと言われている岩があり、その上には彼の銅像があります。彼はラーマクリシュナ(僕の好きなヨギーです。)の弟子です。

名言は多くありますが、良き名言の一つ。

「人々に精神的援助を与える人間こそ、人類の最高の恩人である」

そして、画像2の手前(写真では見えないや)の建物の裏辺には、メディテーションルームが有り、入った人のみ分かるとてつもないパワーが溢れた空間です。

fukuはその中も大好きです。時間が許す限り居たいくらいです。

といえども現地に行くと、何故かインドの人にモテるので、そんな聖地に行くとしょっちゅう一緒に回ろうと誘われる。

詐欺臭い人はすぐ分かるが、愛のあふれる親切心から言ってくれているので、ついそのガイドさん(?!)(とてもいろいろな宗教的な説明をしてくれる)とともに周り、僕な好きな所に時間が取れなかったりして、翌日も通ったりしないといけなくなる。

それも、良い出会いなので良いのですが。

話はそれましたが、それほど素晴らしいところです。

もし機会があったら、訪れてみてください。

更に僕も連れて行ってください。

d0129962_023020.jpg

こんな感じのヤングインド人に fukuは、とても好かれます。
5人の友人同士で、ムンバイからきたと言っていました。
まぁ、インド旅行に慣れてなければ無視したほうが無難かな。
万が一騙されても、それを楽しめる余裕が出来てから。(因みにfukuは騙されたことはありません。)

d0129962_032585.jpg

ティルヴァッルヴァル銅像は、これを見れば大きさが分かると思います。
遠くからでも、その姿は圧巻です。

そうそう、番組はレッスンで間に合わず見れてません。とほほ。。
[PR]
by studio_kaya | 2012-08-29 23:12 | インドとヨガ | Comments(0)

The Buddh International Circuit

先週?

F1 第17戦 初開催インドGPがありました。

その名も The Buddh International Circuit (ブッダ・インターナショナル・サーキット)

なんだか惹かれる名前ですね。

Uttar Pradesh と言う地域にあり、ここは仏教徒の聖地サルナートやブッダガヤが比較的近いところです。

あの辺りも埃っぽいイメージが強いのですが、サーキットを見る限りなんだか砂が舞ってるような。

空は相変わらずの曇(ガス)模様だし。インドだぜ~~。

さて、車両がグリッドに並びます。

こんな所でやるの凄いなーと思っていたら、予選ではそんなでもなかったような感じだったけど、本線では砂で滑るのかいきなり数台クラッシュ。

周回しているうちに少しずつ減ってゆく。

タイヤのチョイスがとても大変みたい!!

何が起こるかわからない。まぁ、それがインドか?

ほかのサーキット見るより断然面白いです。

みなさんも機会があったら見に行っても良いかも。

F1に興味がなくても、ネタ的には現地に行く価値ありです。

TVで見た空は画像みたいな感じでした。
d0129962_23114755.jpg

[PR]
by studio_kaya | 2011-11-08 05:25 | インドとヨガ | Comments(0)

RSR 朝ヨガ

先週の終わりましたが、ライジングサンロックフェスティバル(RSR)の朝ヨガご参加頂きましてありがとうございます。

こちらの告知が遅れたのもあり、遠方から参戦していた友人が「え~~!!知らなかった~~。来年はヨガも参戦する。」と残念な報告を頂きました^^;

朝一は誰も来ず、大丈夫かなと思いましたが、徐々に人も増えてきました。

fukuが知る限りでは、当日はRSR至上一番暑い日になったと思います。

なので、朝からじとじと暑かったのですが、皆さん頑張っていました。

ドSの先生にもめげず、皆楽しかったと言って下って嬉しかったです。

男の人は、終わった後に地面に手が付くようになったと、とても喜んでいました。

かつてココまで手が降りたことが無いようだったので、皆で驚いていました。

来年も、RSRを楽しみにしましょう。

d0129962_11332364.jpg
d0129962_11333178.jpg
d0129962_11334298.jpg

[PR]
by studio_kaya | 2011-08-24 06:42 | インドとヨガ | Comments(0)

頑張れ。 インドのアシュラム。

インドの会員さんから連絡が。

リシケシのアシュラムで、1月半のTTCコースがいよいよ始まったとの事。

国内で受けるヨガアライアンスと違って、実際の講習時間が反映されるので時間も掛かるし、内容も濃い。
と言えども、kayaの中では英語の出来る彼女も、専門用語に苦労してるみたい。
英語分かっても、確かにヨガの専門用語はね。
fukuも初めてのインドの時には、深夜まで勉強していました。

まだ先は長いがリシケシだし、空き時間には買出しできる所なので、リフレッシュできる所だから頑張って。

色々行ったが、fukuが行っていた所で、きつかったのは。
周りにはサボテンとガジュマルの木しかないような田舎のアシュラム。
ここのアシュラムの自由時間は長いときで1時間とかあるのだけど、小さな売店(クッキーや飲み物くらいしかない)まで炎天下の中、徒歩片道15分。
その場所にバス停があるのだけど、そこから市街地まではバスで1時間半。
行事の時のみ、朝のクラスと夜のサトサンガ以外は休みで、その時でもない限り出歩けないので、これこそ監禁かと思った。

何と言ってもこのアシュラムの水は危なっかしい。
コップに水をためると薄茶色なのだ。
ここに長いこと居たのだけど、しばらくするとTシャツ・タオル等がどれもこれも茶色くなってゆく。
その水でネーティーしてたけど、今じゃちょっと・・・・。
天井は萱葺屋根みたいなもので、色々な動物・昆虫と同居していた。

更に面白いのは、それから半年後には台風でそこの施設の2つが倒壊&飛んだらしい。
たまたま人が居なかったから良かったけど、その下で寝てたらと思うとゾッとする。

ここを出てfukuは3kg位げっそりしていた。

でも、電話も無く、機械音ゼロ、自分を見つめる時間だけは作れる。
暑くて、虫も多く、ワイルドで、危険もはらんでいたけど。
一番好きなのはこのワイルドなアシュラム。
また行きたーい。。
[PR]
by studio_kaya | 2011-02-13 22:30 | インドとヨガ | Comments(0)

インドの「村の薬局」とは?3

d0129962_23545269.jpg

この左の部分は既にガジガジ済み。注「間違えないで、ガジガジしたのはfukuです。。」
使用法いたって簡単。枝の余計な部分(本来は葉も使用できます。)を取ったら、端をガジガジして歯ブラシのように使用する。
味においは?匂いはあまりに気ならない。しかし、木の葉もそうだが、かなり苦い。
それは我慢して、磨く。横にも縦にも、そして出来る限り細かい所まで。
その効果は??

歯がツルツルです。
その効果は絶大。fukuの想像を超越していました。

本来は一まとめにされた、(10~15本位だろうか)ニームの枝が10ルピー位で売られている。
買わなければ死の言葉を投げかけてくるような老婆が多いで、fukuを手を出しません。
しかし、fukuはまさに捥ぎ立てのチャンスを生かせました。
その後はfukuは面倒臭くなり、列車から降りずにピカピカの歯に納得し寝ていました。

日本でもニームの歯磨き粉は手に入るけど高価です。
でも、ホワイトニングの効果もあるという噂も。
気になる方は購入してみては?


fukuに分け与えてくれたインド人の彼です。パーカーがお茶目ですね。
長い時間歯を磨いていました。
d0129962_0143930.jpg

[PR]
by studio_kaya | 2011-02-01 06:45 | インドとヨガ | Comments(0)

インドの「村の薬局」とは?2

前回の続きです。

fukuは瞬時に。
この場所から列車までは? 列車の出入り口は高さがある。
走り出したら、しがみ付けるか?
いや、翌日の新聞に 「無謀なJAPANESE 志半ばで散る。」 なんて恥ずかしい見出しに載るわけにもいかない。

まだ機会はある。ここは諦めよう。
後ろ髪引かれながらも列車に向かう。

列車に乗ると、インド人は葉っぱ等を捨て、更に枝を適度な大きさに折る。
その適度な大きさとは、日本で使用している歯ブラシ位の長さ。

ここまできたら、答えは分かったと思います。
そうです。皆で必死こいて取っていたのは、歯ブラシです。

その作業しているインド人に笑顔で話しかける。
彼も微笑み返す。
fuku「やはりスマイルは万国共通だ。」と思いつつ。
fuku「その枝を見せろ」と言う。(けしって命令口調ではありませんよ。)
彼は今の瞬間出来上がった、Like 歯ブラシ をfukuに渡す。

fukuがマジマジ見ていると。
彼は取られるのかと思ったのか返せと言う。
fukuは確認の為に「これは何だ?」と話しかける。
彼は「歯ブラシだ。良いだろう」っぽい事を自慢げに言う。
fuku「ニームか?」
彼は偉そうに「そうだ!!」
何だか偉そうだぞ。
それもそのはず、fukuがGet出来なかったのを見ていたからだろう。

fuku「Great!!」と知っているのにその枝握り締めて、まるで何かに驚かされたのか如く大いに驚く。
彼は気を良くしたのか「しょうがねーな。それやるよ。」
fuku「マジっすか?!」そんなやり取りをして、労せず「Tooth brushes Ready」されたそれをゲットする。
売っている物に比べるとだいぶ細いが、文句を言える立場ではない。
何事にも感謝です。
勿論、彼にお礼言いましたよ。

それが これだ      2     
つづく
[PR]
by studio_kaya | 2011-01-31 05:18 | インドとヨガ | Comments(0)

インドにいます。

fukuは日ごろの行いが良いのか、自分で滅茶苦茶な事をしない限りインドでトラブルに巻き込まれた事は無い。

今回はいろいろな事情で列車の予約が遅れ、目的地と別な場所に行ったのだけど、何とか無事に到着しました。

旅に出ると、皆から早くアップしてと言って頂き嬉しいのですが、先日その前と多忙だったので、アップできず、残念ながらここのカフェも今一なので、明日再度時間とってアップしたいと思います。

いない間も、何かしてくださいね。
[PR]
by studio_kaya | 2010-12-29 22:40 | インドとヨガ | Comments(2)