<   2008年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

Eileen アイリーン ワークショップ no.2

後半は、ヘッドスタンディングの練習になった。
ヘッドスタンディングでの肘の使い方、肩の使い方など。
壁を使い、頭を持ち上げる。
そこからのピンチャ・マユラアーサナのプレップ。それを結構な回数繰り返す。
逆に出来る人ほど、ヘロヘロだったのでは?・・・
そして、アイリーンが近づいてくる。
ピンチャ・マユラアーサナできる?と聞かれた。
紳士の嗜みとして少々練習しているので、返事をしたら。
それやれ今やれと?!、おれだけっすか?
へ?!個人レッスン?ピンチャからのバリエーションの幾つかを続けざまに行うよう指示される。
ここまでのプレップで既に貧乏ランプ状態。
でも、指示されるがまま行ってみる。何とかこなすが、そろそろゲロ吐きそうです。

さ~、そろそろ終わりかな?! 今日も頑張った、頑張った(自画自賛)と思いきや。
ほれ、ハンドスタンド!?
まず、アイリーンが見せてくれる。
なるほど。なるほど。

で?! ほれやれそれやれと。。。。。

つづく
[PR]
by studio_kaya | 2008-05-30 23:42 | Comments(0)

続けているのに●ii ●it vol.1

 そして、体を引き締めて痩せるために続けている事が・・・

 出ました!●ii ●it!!

 去年の年末にJちゃんに買ってもらった●ii ●itでヨガ・筋トレ・重心チェック・最近ではバランスゲームにも挑戦

 なのに、様々な日々の努力と●ii ●itを続けているのに、お正月から3kg増しの自己最高の体重を記録。もちろん、お正月の時の体重がベストで、ダイエットの必要がなかったワケじゃなく、お正月の時も「痩せなアカン」って思ってた体重だから、どんなに非常事態だか分かる。こんな状況は、早めに手を打っとかないと本当にヤバイ。

 「taeちゃん、こんなにしてるのに、何でこんなに太ってまうの~~~???」泣いてすがるKちゃんの話をもっと聞く。

 「あんまりご飯もいっぱい食べるワケでもないねんで」
 確かに、一緒にご飯を食べてても少食だし、おやつもいっぱい食べるワケでもないし、taeの方が食べるくらい。

 確かにKちゃんは、ほとんどの人ができそうでできない「家で、一人で、毎日」エクササイズをやっている。
 だけど、問題点も明らかになってきた。

 
[PR]
by studio_kaya | 2008-05-29 21:35 | Comments(0)

Eileen アイリーン ワークショップ no.1

Eileen アイリーン ワークショップ
用事があったので、24日の1クラスのみでしたが参加してきました。

朝のクラスも終わり、「う~ん。クラスまでは2時間も無いな。」
しかし、しっかりお昼ごはんを食べる。

すぐに時間になり地下鉄へ。
行きの地下鉄の中ではkayaでアシュタンガヨガ練習している会員さんに合ったりして、あら?!奇遇。
そして共に会場へ。
会場では既に人もいて、何だか活気があるような。
そして時間になり、アイリーンと、WSやら音楽番組で見かける有名通訳の方の挨拶があり、クラスが始まりました。
クラスは、太陽礼拝やらジャンプバックの準備段階でのバンダの意識。
マリーチアーサナ(捻りポーズ)からのジャンプバックのプレップやらワシシュタアサーナのプレップからポーズへと、バンダ・バンダとそんな感じの流れ。
会場は暑く、シャツを1枚脱ぎ薄手のシャツ一枚になり、まるでやる気満々の人みたいだわ。

肩の使い方をここまでも意識するクラスだったが、ここからも肩・肘そしてバンダを意識して行う内容だった。

短いけど、今日はここまで。
続く。
[PR]
by studio_kaya | 2008-05-28 18:45 | Comments(0)

家で、一人で、毎日続けているのに・・・

 でもね、でもね、でもね・・・。
 Kちゃんは、日々、家で自分で努力している。

 ○Kちゃんの旦那さんJちゃんは毎日の通勤ウォーキングで激痩せした。
  KちゃんもJちゃんと一緒にウォーキングで汗を流す。

 ○毎日お風呂でスクワット。
  お尻が湯船のお湯にちゃぽ~~~んって着くまで、ゆっくりゆっくりゆ~っくりスクワット。
  8回位すると「もう、アカン・・・」ってなるくらいつらいのだが、そこは「ぅうおりゃ~~~!!」と10回頑張る。
  そうそう、「もう、アカン・・・」っていうポイントから「もうひと踏ん張り!!」が体を鍛えるのには大事なのだ。

 ○毎日お風呂で自転車こぎ。
  湯船に浸かって、汗がダラダラ出るまで自転車こぎ。
  KちゃんはこれでO脚を良くした。
  大したモンだ。

 ○水を入れたペットボトルで振袖防止
  水を入れたペットボトルを常備。家事の間に「エイヤ、エイヤ」とやっている。

 などなど、なかなか「家で、一人で、毎日」できそうで、できないコトを、「家で、一人で、毎日」地道にコツコツやっている。

 そして・・・、まだまだやっている事があって、
 
[PR]
by studio_kaya | 2008-05-27 22:54 | Comments(0)

変更点の色々

東京のアシュタンガヨガWS・ヨガ行脚から帰ってきた会員さんと久しぶりに話をした。
帰りたてほやほや。活き活きしてました。
アシュタンガヨガについて、ああでもない!?こうでもない?!と話をしているのだけども、今回の変更点について聞いてみた。

何が変更かと言うと、「ASHTANGA YOGA RESEARCH INSTITUTE」つまりアシュタンガヨガ研究所なのだ。
スタジオのfuku写真の中に上の写真があります。

その研究所では、皆さんも昔使ったビーカー・フラスコ・アルコールランプ(今では石綿付き金網は使いませんよ)・顕微鏡等など多くの近代実験システム(MRIは無い。)を用いヨガの研究を日夜しているわけだ。←ジョークです。

何が研究?アシュタンガヨガはより良いシークエンス等になるべく研究されているわけだ。
つまり進化していくのだ。
ポーズの細かい部分が変わったり、ドリスティ等などが変わるわけです。
だから、fukuがアシュタンガヨガを始めたころと、今ではだいぶ変わったのも確かです。
僕のカウントの中には、古いものを導入している所もあります。
それは、ポーズの導入にカウントを増やさないとぐらついたり、深く入りにくいポーズも有るので。

でも、当然変更点を知った上での導入がやはり大事だと思うので、今回東京に行った会員さんに聞いてみた。
まぁ、ぼつぼつですわ。
他にも色々聞かせてもらい、こちらも勉強になりました。
結局、変更点が何か?何が新しい?と言うのは些細なこと(?)で、何が大事か考えると行き着く所は一緒ですから。
ゆっくりやっていきましょう。
[PR]
by studio_kaya | 2008-05-23 23:44 | Comments(0)

恐怖の風景

 G.W.に実家に帰って、お正月ぶりに母の妹、つまり叔母さんに会った。
 叔母さんはKちゃんと言って、taeが生まれた時からとっても大好きな人。taeが小さい時から変わってなくて、お人形みたいにとっても可愛くて、そしてとってもおバカでおもしろい。

 そんなKちゃんに非常事態が発生してしまった。

 お正月に会った時はなかったのに、遂に・・・!!

 腰周りに、とってもぷよぷよ柔らかくて、手でつかんでも余りある・・・

 脇腹のぜい肉!!

 触ってビックリ!見てビックリ!!つかんでビックリ!!!
 キャーーー!!って悲鳴をあげたいくらい。

 そして困った事に、脇腹だけならまだしも、そのぷよぷよ地帯が上に、上に、上に・・・、わきの下まで続く続く・・・。

 ちょっと前に、ママがKちゃんに「ヨガの時に使うブラジャー、すごいいいから」ってあげたらしい。Kちゃんは普段鏡の前でブラをつけないのに、「どんなにかっこいいんやろ」って思って、早速ママからもらったブラを鏡の前で試着して、自分のかっこいいはずのバック・スタイルを覗き込んだら・・・。

 目の前には、今までにない恐ろしい風景が・・・!!!
 その恐ろしい風景は、ご想像の通り・・・。

 でもね、でもね、でもね・・・。
[PR]
by studio_kaya | 2008-05-22 21:21 | Comments(0)

Yoga Chitta Vritti Nirodha

話は公衆浴場。
ちょこちょこ行く公衆浴場が有る。

そこで、湯船に入るとやっぱり日本って良いよなって再確認する。
体の緊張(コリ?)も頭のモヤモヤも取り払ってくれるし、すばらしいっす。

周りには年配の方が1人だけだった。
いつものように湯船でボンヤリする。
体もココロもまどろんできた頃、横にいるおじさんを見たその時!!
″VRITTI(動揺)”ってな感じ。
おじさんは口を閉じているが、顎がずれている犬のように舌が出ているのだ。
いや、それだけなら何ら問題ない。
でも、更にその舌からはジュルジュルしたものが湯船に滴り落ちているのだ。
いや、その様に見えるような気がする。
その日は、多分自分がマッタリしすぎたに違いないと思いその場を立ち去った。

そして翌週。また、そのおじさんがおった。
この前のは見間違いに違いない。そうだ。見間違いだ。
と、切り替えていたのに、やはりその日もジュルジュルしたものが滴り落ちている。

タイトルのYoga Chitta Vritti Nirodhaは、ヨガしている人は聞いたこと有ると思うけど、簡単に言えばヨガとは心のブレを制御する見たいな感じなわけなんだ。
つまり、ヨガをすることでどのような状況においても平常心で居れれば良いね!みたいな感じなわけ。(ちょっと使ってるけど、あまりヨガヨガした内容は無し無しで。)

で、普段あまり動揺しないんだけど、この2度目を見た時ばかりは、普通に動揺しました。
というか、普通に湯船から出ました。
公衆浴場でそれはつらいっす!!
修行が足りない?塩素も足りないかもね。
まぁ、結局変わらずに行ってるわけだけど、その日以来、そのおじさんの事を勝手に命名 ”ペロ” とココロで叫んでいます。
[PR]
by studio_kaya | 2008-05-21 23:46 | つれ | Comments(0)

アイリーン先生のW.S.があります

 5月24・25日に、アシュタンガ・ヴィンヤーサ・フローのマスター・アイリーンのW.S.があります。
 スタジオの入り口・フロントにフライヤーが置いてありますので、どうぞお持ち下さい。
 スタジオまで来れない!っていう方は、ヨガシャラさんのH.P.に詳細がありますので、ご覧下さい。

 4~5年前、東京でガンガン・バリバリアシュタンガをしていた頃、ヨガ仲間があるW.S.に誘ってくれた。
 「アイリーンっていう人が来るの。taeちゃんが絶対気にいる先生だから、来れたら来て」
 「うん」って言って、ノートの余白にでかでかと『Aileen』とだけメモッた。

 それ以来なのだ。
 スタジオにやって来たフライヤーを見て、そんな事を思い出した。

 そして、「あ、『A』じゃなくって、『E』やねんな・・・」って恥ずかしながら気付いたのでした(何年経っとうねん!?)。

 とってもステキな先生なので、アシュタンガをやってるけどまだまだ・・・って人も、アシュタンガやった事のない人も、アイリーン先生のステキなオーラを浴びに行ってみる、ってのもいいと思いますよ。
 きっとW.S.が終わった後には、自分がキラキラしていると思います。

 

 
[PR]
by studio_kaya | 2008-05-20 23:57 | Comments(0)

モチベーション。

どうもご無沙汰しております。
何だか書く気になれなくて。いつものようにネタがどうのと言うことでなく。
書くことに対するモチベーションが低くて。

サザンの活動休止のコメントにも「モチベーションが上がらない時は、ごめんなさい、あえてやりません宣言なんです」とありました。

その通りだな~~。とか思いつつ。
そんな事言うと、気ままでヨガチックだな~とか言われそうだけど。

貯金溜めといて小出しに出すのも手なんだけど、どちらかと言うとリアルタイムにその時の感覚でいつも書くのでね。

次回からまた復帰します。
[PR]
by studio_kaya | 2008-05-19 23:49 | つれ | Comments(0)

おばちゃんに乾杯

 おばちゃんに・・・乾杯(かんぱ~~い)!・・・ではなくて・・・、
おばちゃんに完敗しました。
 あ~ぁ・・・、溜息が止まりません。これから3日間、落ち込むでしょう。
 こんなザマになるんだったら、わざわざ今日の朝のピラティスのレッスンをお休みせずに、fukuに講演してもらうべきだった・・・とか、あ~すればよかった(ちゃんと時計を持っておけばよかった・・・腕時計なんで高校生以来持った事ない)とか、こ~すればよかった(せっかく作ったカンペを会場に持っていけばよかった)とか、「しくった・・・」って溜息ばかりが出てくるこの後悔の気持ちの処理のしかたが分かりません。

 あ~ぁ・・・
 『おかくら』に行って、壮ちゃんの得意料理、食べさせてもらいたいな・・・。
 でも、それは無理なので、『渡鬼』見ながら今日はやけ食いです。チョコレート、アイス、おせんべい(「雪の宿」と「お子様せんべい」)・・・

 そして、ヨガ&ピラティスをやり始めて今までにない腰痛に襲われています。
 講師控え室の、上で飛び跳ねたくなるような素晴らしくフカフカのソファに座ったせいでしょうか?それとも、おばちゃんに完敗したストレスでしょうか??

  「ヨガに関しての話」だったら、いくらでもできる、ってタカくくってました。
 だけど、今までそんな話をしてきた相手は、ヨガを知ってる人・やっている人・興味がある人。そんな「特定の」人たちにヨガの話をするのは、本当は話をする自分が受身なんだと感じた。
 だって、絶対分かってくれるし、分かってくれるからウケるもん。

 だけど、ヨガを知らない人・やった事のない人・興味のない人にヨガの話をして、その良さや楽しさを理解してもらおうとか、「ヨガを伝える」ってゆうのは難しいね。ヨガだけに関しての話じゃないけど。
 聞く人が興味がない話でも、不特定多数の人たちを惹きつける・・・そんな「芸」がtaeにはなかった。「技」はあるのに、「芸」がなかった。

 「お笑い芸人」ってのはすごいね。
 taeはしょっちゅうテレビの前で「この芸人、おもろくないな」って辛口コメントをするけど、いかに「不特定多数」の人を惹きつけて笑わせるかってゆう芸人の苦労が身にしみて分かった。
 別に芸人に限ったコトではないけど、taeはヨガ&ピラティスのイントラを辞めたらお笑い芸人になりたいので、特にそう思うのです。

 例えば、大通公園で何か芸をして道ゆく人々を惹きつける・・・そんな力がtaeには必要なのです。
 それが分かっただけで、お笑い芸人になる道が一歩近づいたかもしれません。
 
 磨きます!芸を!!
[PR]
by studio_kaya | 2008-05-15 22:07 | Comments(0)