<   2008年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

警察だらけの札幌。

時に夜中の時。無論爆睡。
・・




「お~~~い。いいぞ~~~。」みたいな声が聞こえてくる。
こんな夜中に酔っ払いか?!とも思ったけど、何だか長い間騒がしい。
あ~でもない、こ~でもない。言っているような?!
こんな夜中の沈黙を破るのは誰じゃい?とも思ったけど、気にしないで寝床から動かない。
というか、動きたくない。
近くに工事現場あったけ?うつらうつら・・・・。
こんな時間に工事の人も大変だな~~~。うつらうつら・・・・・・。
おそらく2時間くらいその騒動は続いた。
静まる前くらいにはまた深い眠りについていたのだけど。

そして、何だか寝不足の早朝。外を見ると!!!
げ!!
日の光とともに見えたのは、白と青に塗られた缶詰(護送車両)。
昨日は無かった。
つまり、昨日騒音を立てまくっていたのは、警察だったわけだ。
サミット開催が近づいて市内が警察だらけなのは知っていたけど、すぐ傍にも。。
何やら予行練習をやっているそうな。
と言っても、あんな夜中に工事現場でさえも、もっと遠慮して作業しているのに。
何であんなに騒がしいのだ?
サミットまであと6日。まだまだ騒がしい毎日は続くのか。
[PR]
by studio_kaya | 2008-06-30 23:12 | つれ

水のありがたみを語る

 6ヶ月間滞在したインドから帰って来て、fukuとfukuのお兄ちゃんに連れて行ってもらった「東京の水がめ」奥多摩。
 時期は、ちょうどこの季節。
 奥多摩の森の木々の深い深い緑、潤いがはじけそう。水をなみなみとたたえる湖(ダム)には、本当に感動した。
 水がある風景、潤いのある緑のある風景は、なんと心が安らぐ事か・・・。
 
 日本の、どこにでも当たり前にある水。
 その水は、そういう日本の豊かで素晴らしい水と緑の産物。

 そんな事は分かってたつもりだけど、改めてそれを実感した奥多摩のあの風景は、本当に衝撃に近い感動、そして涙が出てきた。
 
 taeの大好きな知床の森やそこから生まれ出ずる滝は昔からtaeの大好きな風景で、日本各地の素晴らしい森と山々と水の風景は、日本の誇り。

 インドの水事情。
 マイソールで借りていたアパートの水道事情(水が自由に使えない生活)、インド各地のドロドロに汚染された川や海、歯磨きでうがいをするだけでも吐きそうになる(実際吐いた)水道の水、息を止めないとシャワー(もちろん水)を浴びれないほど臭い水・・・。
 水が原因になっている病気が、インド人の間にたくさんある。
 インド6ヶ月の間、かろうじて下痢したコトはなかったけど、毎日毎日水に頭を悩ませ、水にどんだけ苦労したか。

 ヒマラヤの山の町にいても、木はあるが埃っぽくて干からびてる感のある木々。
 潤いが全くない乾燥した畑がどこまでも続く農村地帯の風景。

 今年のロンドンマラソンに、「水の大切さ」と「アフリカに安全な水を供給できるための協力」をアピールするために、アフリカのマサイ族の人たちが参加した。
 「タイヤを再利用したサンダルを履いて」ってアナウンサーが言ってたから、taeはタイヤを原料とした素材で作ったサンダルかと思ったら、タイヤを切って足に巻きつけただけ。
 「水を飲まずに完走する」らしかったけど、危険なので給水しながら5時間位で完走。

 「節水しよう」なんてベタなコトは言わない。
 洗い物をしている時・シャワーを浴びてる時・・・、ちょっと水のありがたみを考えて欲しい。
 蛇口を開ければいつまでも出てくる安全な水が、「当たり前」ではない。
 
 シャワーから出てくる水を眺めつつ、「日本の水のありがたみ」を感じてみたら、本当に日本は素晴らしい国であり、そんな素晴らしい国の、素晴らしい風景や資源を大切にせなアカン!って思うのです。

 そう思えば、自分がどう行動せなアカンのか分かると思うのです。

[PR]
by studio_kaya | 2008-06-27 22:39

スワミジWS no3

じねんさんの講義も終わり、スワミジのサトサンガの時間となりました。
内容は前述したようにメディテーション・質疑応答・マントラでした。
質疑応答では、色々な質問が出ていました。
人によって感じ方の違いがあって面白い内容でした。その感じ方を知ることも大事だからね。
スワミジは、自分の経験からの話やインド神話の話を交えながら、応対していました。
参加者の皆さんはヨガの先生や、長年している人が多かったようですが、スワミジは初めての方も分かるような感じで話をしていました。
ただ、神話でのたとえ話で、クリシュナ神が出てくる例えを話していたのですが、その辺りは詳しくない方もいたようで、何故かfukuがクリシュナ神について隣の人に説明したりして、変な感じ!?
マントラは、流石に聞きなれたマントラ(シバナンダヨガではメジャーなマントラとある有名なマントラ)を少々。
流石にマントラ分からない人が多いのを見越して、聞くほうに意識を向けるよう見たいな感じ、一緒にって感じではなかったですね。
久しぶりにインドを感じたWSでした。
[PR]
by studio_kaya | 2008-06-26 23:20

ある日の野菜の食卓

 ある日の野菜の食卓、準備中。

 ちゃぶ台の上に並んでるのは、

 (上段)茄子だけのハンバーグ
 (中段左)ジャガイモのソテー・・・とりたての自家製パセリをふりかけて
 (中段真ん中)ミズナのサッと炒め
 (中段右)豚肉のしそチーズはさみ焼き・・・しそは自家製
       両脇に春菊のお焼き&ニラのお焼きもあります
 (下段)しゃきしゃきミズナとエノキとベーコンのサラダ


 その下、夕食準備中でそわそわJOJO丸くん。

 その他にも

 お焼きで使わなかった春菊の茎のおひたし(春菊を蒸した時に出た水分も利用した調味液に漬けて。その調味液をお焼きにかけます。茎と調味液を味噌汁に入れてもコクが出て美味しい)・味噌汁・納豆・そして玄米。
d0129962_003889.jpg

 結構、食べます。

 食後には、taeのハッピーパワーの源・チョコレートで締めて、夜の仕事(レッスンです)にGO!です。
[PR]
by studio_kaya | 2008-06-25 22:52

火曜日のはじめてのヨガ。

今回の初めてのヨガの内容は「お腹を意識したポーズです。」
[PR]
by studio_kaya | 2008-06-24 09:41 | つれ

スワミジWS no2

日本でヨガする人にとってインドのプーネ(プネ・PUNE)と言えばアイアンガーヨガのイメージが強いかもしれませんが、それ以外の人なら、おそらくOSHOのほうが知名度は高いと思います。

OSHOなんじゃそりゃと思うかもしれませんが、結構ヨガの大先生と結われる先生方も含め多くの方が尊敬するような大人物です。
どちらかと言えばヒッピーの時代。まだ、Oshoも健在(肉体的に)で、ダーマ&グレックで出てくるダーマーの両親アビーとラリーの時代に一斉風靡したのかなっと思う。

無論、今でもOshoの思想を尊敬してやまない人が多いです。
と言う言葉だけではすまないので、気になる方は多くの書物が出ておりますので、お読みください。

日本にいる時もそのメディテーションをしたこともありましたが、インドのプーネに行った際に行ってみました。
そこには、チベット僧が着ているような、赤いローブを着て練り歩く。
韓国人やヴィンセント・ギャロのようなイケメン・白人ギャルもいた。
その辺で講和している人や、弓道で精神力を高める(?)人、石の上でAUMとその響きを何時までも楽しんでいる人等など、色々な人がいた。
庭園はものすごく綺麗で、勿論ごみも無くここだけはインドではないようだった。
メディテーションするだけの施設・綺麗な噴水やお土産屋さんも揃っている。
ここでは、竹林などもありちょっと驚いた。
いやはや、本当に別世界でしたよ。

話が偏るので、話を戻すとOshoのメディテーションには大まかに4つあり、その中の一つの更に一部分に少し似てたかなって思いました。
って話が分からなくなったと思うので、じねんじさんの脱力方の事です。
つづく。
d0129962_183967.jpg

Oshoガーデンにて。
[PR]
by studio_kaya | 2008-06-23 08:32

考えすぎて頭が痛くなってる節もありますが

 ここ1週間ほど、エコとかフェアトレードに関するイベントに触れたり、それらについて見たり聞いたり触れたりする機会が多かったせいか、ずっとずっとそれらについて考えてる。

 で、ちょっとスタジオも、それらに関する資料やパンフなんやらを置いたりし始めた。

 taeは、これでも結構エコ・農業・フェアトレード・・・なんやら分からないけれど、他人から見れば「なんかいい事やってるな」って思われるであろうコトに興味があって、自分なりにそれなりに行動してきたつもり。

 日々の異常気象や世界の温暖化のニュース、身近にも起こっている変化、悲惨な地震、学校に行けないアフリカの子供達の現状、それらを毎日何かしら考えているのだけど、別にtaeなんぞが何かやったからって何も変わらないし、だから実際何もしていない。

 だけど、ちょっと変わるかもしれない・・・、っていうのは言い過ぎでも、こんなtaeでも何か少しでも行動を起こしてみるべきだと思い始めた。
 せっかくスタジオという場所があるのだし、スタジオに集まるお客様の力を借りれば、みんなで少しでも(気休め程度でも)何とかなるかもしれない。

 だから、スタジオのそんな資料を置いて、お客様に押し付けているのです。

 taeはとってもひねくれた考えを持っているので、それが正しいとは到底言い切れない。
 だけど、一人エコ週間として、今まで書かなかったtaeのエコやいろんな問題について、taeの考えを書いて行きたいと思います。
 
[PR]
by studio_kaya | 2008-06-20 23:50

「チーム・マイナス6%」のポスター届きました

 以前お伝えした「チーム・マイナス6%」のポスター届きました。

 kayaのフロントに、無限の宇宙の中の美しい地球が浮かんでます。

 ご希望の方にお配りしますので、ご希望の方はスタッフまで。
 先着順ですので、欲しい方はお早めにどうぞ。

[PR]
by studio_kaya | 2008-06-20 23:34

スワミジWS vol.1

そういえば、スワミ・ラーマスワルーパナンダジとじねんさんのWSに行ってきました。

○スワミ・ラーマスワルーパナンダジはシバナンダアシュラムの館長であったチダナンダジの秘書的人だったとの事。
で、近年独立してヨガを伝えているそうな。

○じねん氏(じねんやす)はゆる体操等など、知るひぞしる?!

と言った感じで、ポーズのクラスとサトサンガのクラスがありました。
fukuが参加したのはポーズのクラスではなくて、サトサンガのクラスです。
内容は、ヨガに対する質疑応答、じねん氏のゆる体操、脱力の仕方、メディテーション、シバナンダヨガではメジャーなマントラを4つくらい 。
そんな感じ。
呼吸法は無かったっすね。
皆さん勉強熱心で、ヨガの先生が結構参加してたみたい。

クラスの最初はじねん氏からのクラスで、脱力の仕方(これ言い方があっているか分からないけど)・バンダの意識等など、何となくOSHOを彷彿させた内容。
OSHO・・知る人ぞ知る?まぁ、OSHOっす。

つづく。
[PR]
by studio_kaya | 2008-06-18 23:40

kちゃんのその後

 その後、Kちゃんから集中ダイエット報告のメールが届く。
 
 缶チューハイは週1本。
 いつものエクササイズは続けて、今は大腰筋を鍛える運動も加えてしている。

 目標は3kg減だけど、約1ヶ月で2kgは減った!と(1ヶ月2kg減はリバウンドしない、いいペースです)。
 恐怖の脇腹のぜい肉は、ぷよぷよが少しとれてきて、しかも少し柔らかくなったとか。いつものウォーキングと缶チューハイ抜きで、効率的に脂肪がなくなって、脇腹のぷよぷよもなくなっていくと思うな。

 Kちゃんは相変わらず、そして改めて心を入れ替えて毎日毎日頑張ってるそうな。
 次に会った時、Kちゃんの「豹変ぶり」が楽しみ♪

 やればやっただけ、その結果が表れる。
 やらなければ、これまたそれなりの結果が表れる。
 どんな結果を望むかは人ぞれぞれだし、やるのもやらないのも自分自身。

 taeも、Kちゃんの頑張りに負けないように、そして「きちんと結果を出す」ヨガ&ピラティスやクラシック・バレエの練習に励んで、そして、ヨガ&ピラティスのインストラクターとして、kayaに来て下さるお客様に「きちんと結果を出す」ヨガ&ピラティスを提供していきたいと思います。
[PR]
by studio_kaya | 2008-06-17 21:32