<   2008年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ひそかに・・・祝!1周年!!

 7月31日、studio kayaが1周年を迎えました。
 これも、kayaに来て下さる皆様のおかげです。

 本当にありがとうございます!!

 お客様に花束を頂きました。
 こんな素敵な花束を頂けるなんて、本当に感激です。taeの実家の親も安心したでしょう(笑)
 ありがとうございます!!
 いろいろなお花やかわいらしい実がたくさんあって、とってもいい香りがして、見飽きません。

d0129962_20544678.jpg

いつもレッスンに来てくれるSちゃん&Cちゃん姉妹からもお花&マカロンを頂きました。
 かわいいお花&キレイなマカロンに感激です。


d0129962_10394879.jpg

 滋賀でヨガをやっているお友達夫婦からも、ピンクのバラ・バラ・バラの花束を頂きました。
 花束に顔を突っ込んで、バラのぃいかほりを楽しみます。
 花束が届いた時に居合わせたお客様から「きれい~!」と、女の子みんな大好きピンク&バラに大喜びです。
 遠い所からホンマにありがとう!!
 
d0129962_20534370.jpg


こうやって、kayaが1周年を迎えられたのも皆様のお陰で、皆さんにおめでとうの言葉を頂けるのも、「お客様から愛されてるな~・・・」ってひしひしと感じます。
 これからも、もっともっとヨガ&ピラティスの勉強をして、皆様がヨガ&ピラティスを楽しんで頂ける様に努力していきたいと思っています。

d0129962_20553620.jpg
  
 これから2年目を踏み出すkayaを、どうぞよろしくお願い致します。
 ヨガ&ピラティスを皆様と一緒に楽しんでいきましょう!!

[PR]
by studio_kaya | 2008-07-31 21:00 | Comments(0)

胡蝶蘭が咲いた

 スタジオの胡蝶蘭がつぼみをふくらませ、ひとつ花を咲かせました。 
 それから次々につぼみがふくらんで、花が開いて大きく咲いていってます。

 去年の7月31日にひそかにスタジオをオープンさせて、誰一人として札幌に知り合いがいなく、ほとんど誰にもスタジオオープンを知らせていない私達の元に、遠くのお世話になっている方から胡蝶蘭が届きました。
 
 夏の間、綺麗な花を咲かせて楽しませてくれたのですが、はて・・・、この後どうしたらいいのか・・・?
 胡蝶蘭なんて高級なお花なんて育てたこともなく、野菜みたいな実用的な植物しか育てた事がないし、観葉植物も水のやり過ぎでよく枯らしてしまうtae。

 縁起物だから、胡蝶蘭を枯らすのはよくないな・・・。
 どうしよう・・・?

 ・・・と、まぁ、適当に花の付いていた部分の茎をチョッキンとtaeが切ってしまった。

 生き延びるようにと、結構まめに水をやっていたのだけど、ついにfukuから水やり禁止令が出てしまった。
 で、taeは水をあげることができず(たまにやってたけど)、切ってしまった茎の切り口を日々のぞきながら葉っぱの埃を拭き拭き、ひと冬を越したのでした。
 (taeはなんでも、水をやりすぎるらしく、根腐れを起こして枯らしてしまうのだそうだ。そうやっていくつかスタジオの植物を枯らしてしまいました。
 いつも観察してると、新しい芽が出てきたり伸びてきたりしているのが楽しくて、しょっちゅうジッと観察しては、水をやり、葉を一枚一枚拭いて「さっぱりしたやろ?」と語りかけてたりしてるけど、多分、新しい葉を触りすぎるのもよくないのだと思う。)
 
 冬の間、何も変わりなかった切り口から、春になると徐々に新しい茎が伸び始め、どんどん・どんどん伸びてつぼみが6~7つも付きました。
 縁起物が枯れずに、ホッと一安心。

 そして、ひとつ目の花が咲き、これから次々に花を咲かしてくれることでしょう。

 まるで、studio kaya1周年に合わせて咲いてくれてるみたいやわ。
 これでこれから2年目も安泰?!かな???
[PR]
by studio_kaya | 2008-07-29 21:44 | Comments(4)

第1回「LOVE&PEACE&YOGA」のご報告

 昨日、チャリティーヨガイベント・第1回「LOVE&PEACE&YOGA」を開催し、9人もの方が参加してくださいました。

 毎週定期的に来て下さっている方・久々に顔を出して下さった方・ヨガというものにあまり馴染みがないであろう男性を誘って来て下さった方・そして来辛いヨガスタジオという所に来て下さった男性の参加者の方・ダンスの練習で忙しい中、来てくれたダンサーの女の子・3日連続でkayaに来て下さった方・初めてkayaに来て下さった方・・・。

 天気のよい行楽日和のお休みの中、来て下さって本当にありがとうございます!!

 このイベントをして、自分の中で「ただの自己満足」「偽善者」「やっても意味がない」と感じていたり、考える事や思う事もたくさんあるけれど、終わった後の皆様の温かい言葉と気持ちと、なんだかほんわかした雰囲気を一人かみしめながら、「イベントしてよかったな・・・」って思っています。

 イベントの後、用事で今回のイベントの商品券のお店「Earth Cover」さんに行ったら、早速2人の方がお買い物をして下さっていて、本当に嬉しかった!
 
 9人の方の参加費1000円のうち一人500円、 合計4500円を今日「岩手・宮城内陸地震」に募金させて頂きました。

 taeの募金は、小・中学校の全員参加の赤い羽根募金しかしたことありません。
 募金について、いろいろ考えてしまうからです。
 「ちゃんとこの善意は(お金)が伝わっているのだろうか?」

 大きな団体・組織に集まる募金は、その団体・組織の運営費や維持費やスタッフのお手当て?に使われてしまってたり、莫大なお金が広告・宣伝費に使われていたり、私達の善意の「本意」じゃない部分で使われていたりする現実があるのも確か。
 以前に流行った300円の「ホワイト・バンド」も、300円全部が現地の人たちの為に使われているのではなく、○%しか使われていないのを知ってショックだった。
 
 本当は、どこか募金するのではなく、できればtaeが直接手渡しに行きたいと思ってます。
 だけど、今は無理なので、どこかに募金することにしました。
 できるだけ、上に書いたようなお金の使われ方をするんじゃなく、イベントに参加して下さった皆様の善意がそのまま伝えて頂けるように、できるだけ現地の方々に使って頂けるような運営の団体・組織に募金したいと思っています。
 できれば、毎月の集まった募金額の詳細をきちんと公表しているのも条件。
 
 そんな団体を探して、「本当にどうなのか」っていう事を自分で考えつつ、今は「できることを少しずつ」自分にできるコトをやってみようかな、って思います。

 次回は8月31日(日)です。
 次回は「カンボジア こどもの家」に募金します。
 100円でこども一人が1ヶ月学校に通えます。500円あったら・・・???
 詳細はkaya H.P.の「LOVE&PEACE&YOGA」をご覧下さい。

 昨日集まって下さった9人の方、本当にありがとうございました。


 
d0129962_091960.jpg

[PR]
by studio_kaya | 2008-07-28 23:49 | Comments(0)

ある日の食卓

 ある日の食卓。

 奥→豆腐とツナとシロナの炊いたん(関西弁で「煮たやつ」って意味かな?)味付けは、少々の塩とツナの汁だけ

 下左→ナバナ(菜の花)のおひたし。大好きなので、旬の時のたくさん買って、ゆでて冷凍してたやつ。カロリーハーフのマヨをたっぷりかけて(だって、カロリー半分やからいっぱい食べれる)

 下右→タマネギだけのハンバーグ&レタス&コーン

 あとは、納豆・味噌汁・お決まりの玄米。

d0129962_2328437.jpg

[PR]
by studio_kaya | 2008-07-24 23:40 | Comments(0)

蒸し暑い。

まさに夏本番、日差しも強くトマトの苗がだいぶ大きくなった。
この所は湿度が高い為に何だか蒸し暑いけど、それでも本州ほどではないので問題ない。
ヨガスタジオなんて所は、エアコンが無いのが当たり前だから、この時期の東京ではベロベロ・デロデロ・汗だくでヨガしてた記憶が有る。
それに比べるとなんて清々しい。

とは言え、自分の所のマンションは外壁塗り替えの為に窓が開けれない。
湿度がそれほど高いわけではないのだけど、空気が循環しない。
まぁ、外より暑いわな。普通ならエアコン使うんだろうけど。。。

はじめからエアコンも付いているマンションだけど、一度も稼動させていない。
まぁ、一年前に此処にきた時に掃除の為に稼動させたけど必要ないし、どちらかと言えば邪魔。
カビも溜まりそうだし、我慢できないわけではない、というか別にそこまで我慢もしてないわけだけど。
でも、何だか気の流れが悪くなっているようで、やっぱり空気の入れ替えは大事ですね。
[PR]
by studio_kaya | 2008-07-23 19:48 | つれ | Comments(0)

カリテの種は、命の種

 「カリテ」・・・まるで宮崎駿のアニメの世界に出てくるような、ファンタスティックで神秘的な名前の木。
 その土地の女性は、自然に自生しているその木の実を採り、種からバターを作る。
 そのバターは、毎日の料理には欠かせないし、頭が痛いときは頭に塗り、背中が痛い時は背中に塗り、まさに万能だ。そして、その地に生きる人々にはバター作りもバターを使うのも、生活そのものであり、絶対に欠かせない。生活習慣というよりかは先祖代々伝えられている生活文化。

 もちろん市場にもそのバターは売っているが、そのバターの価格がここ最近、3倍にも跳ね上がり、数も減っている。
 「バターが買えない」と、その地で生きる人々は嘆いている。

 どうしてか?

 カリテの種が輸出されているのだ。輸出されてしまっているから、地元でカリテの種がなくなってバターも少なくなって、価格が跳ね上がっている。
 自分でカリテの種を採って売り、そのお金でバターを買っている人もいる。
 バター作りの仕事を失ってしまった女性もいる。

 輸出されたカリテの種は、精製されて、バターとなり、先進国の化粧品となる。

 カリテの種が採れるファンタスティックで神秘的な国は、アフリカ・マリ。
 カリテの種からできるワンダホーなバターは、シアバター。今、流行の植物由来100%の化粧品のお店の売れ筋No.1のクリームだ。
 taeもお店のサンプルで手に塗ってみた事がある。
 塗った後のスベスベ感、つるつる感、しっとり感、そしてそのつやつやした手の輝きはtaeもビックリした。このクリームを、お風呂上りに体に塗ったら、どんなにキレイになるだろう、って思った。
 ・・・だけど、その目をひん剥く美しさと同じ、値段も目をひん剥いた。なので、手にしてレジに持って行くことはできなかったが・・・。

 カリテの木は自生しているものしかない。
 自生だけでは、その土地に生きる人々が使う分しかできない。それが自然の摂理。
 それが今、狂ってしまっている。
 化粧品会社の利益を上げるために、自分を美しくするために、カリテの種で生きてきた人々の生活を脅かしている。

 アフリカの輸出を増やすことは、アフリカの外貨獲得に一躍かって、先進国の援助に頼らずに自立できる事につながるから、いいことだと思う。
 だけど、カリテの木がその対象?

 たまたま見た、ニュース23のアフリカ特集でやっていた、「シアバター流行 その裏」

 シア・バター、とってもいいものだけど・・・。taeも使えるものなら使いたいけど・・・。
 taeは、ヨモギやヘチマやドクダミの化粧品を使う事にしますわ・・・。
[PR]
by studio_kaya | 2008-07-17 19:43 | Comments(0)

前回の謎の言葉について。(KRIYAS)

前回のブログで出てきた単語につきまして。

○タンクリーナー(舌洗浄)は最近巷で売っているものとそう変わらない?
と言えどもfukuのクリーナーはステンの切りっぱなしのような物。
勿論made in india ちょこっと鋭利で、微妙にデンジャラスな感じです。
d0129962_12381123.jpg


○ジャラネティ(ネーティ)、まぁこれに関しては急須のような物に塩水入れて片側の鼻孔から、反対側の鼻孔にだすという単純明快かつ原始的なお鼻お手入れ方。
d0129962_12384576.jpg

↑↑↑↑↑↑こちらは、反対側に www.sivananda.org なんて広告入り。

○スートラ・ネティ(ネーティ)【それっぽく見せたゴムチューブ】を鼻から入れ口から出して鼻と口から出たゴムチューブの端と端を持ち、エッサホイサ!!と上下させ鼻孔をマッサージ!マッサージ!!
これに関しては、ヨガを知らない人が見たらドン引きかも。でもでもでもでも、オモロ~~!!
d0129962_12392446.jpg

ちなみにスートラ・ネティ(ネーティ)で有名な芸人さんがいまして、かの大御所 ほっしゃん あんな引っ張っている間にパチッ!!ってきそうなゴムに比べたら、あのうどんの太さと言ったら。しかも自由自在に操るあの感覚!! 一度ご覧ください。

と言えども、上記で侮れないのは粘膜を刺激することで花粉症対策になったり等とも言われております。
花粉症でもないし鼻の調子が良いfukuにはその効果は分かりませんが・・・・・・。

ちなみに上記はKRIYASの中の一つのNetiになります。
KRIYASにつきましては、また次回にでも?!
[PR]
by studio_kaya | 2008-07-15 23:09 | インドとヨガ | Comments(2)

遂にゲット!!

 今年の始めに、いつもつけてたネックレスが壊れて、再起不能になり、ずっとずっと新しいネックレスを探してた。

 ローズ・クオーツのハート型のネックレスが欲しくって、ヒマを見つけてはあっちこっち探してたんだけど、前よりも気に入るやつがなく、もう何ヶ月も経ち・・・。

 札幌中心部のデパート・アクセサリー屋さんを巡って、探した甲斐があった?のか探す力が尽きた?のか「もう、ここで買う」って、家のすぐ近くの某デパートでいいのを発見!!
 いいのが2つもあって、どっちか悩んだ末に即買い。

 もうひとつ候補があって、それはピンクのハートの石と、多英の生まれ月の花の桜と蝶があしらわれたネックレスがあったんだけど、そのピンクの石がジルコンだった。つまり、合成石(合成ダイヤモンド?)
 同じピンクでも、やっぱりジルコンの方がキラキラしてるし、周りの桜と蝶も魅力的だったんだけど・・・、合成のキラキラはねぇ・・・。

 で、遂に、ローズ・クオーツを発見。しかも、今まで興味がなかったゴールド色(ピンク・ゴールド)との組み合わせも新鮮だった。

 別に、石の霊的な力を信じているワケでも、感じられるワケでもないけど、やっぱり「天然」がいいな~、って思っているのです。

 さぁ!運気よ上がれ↑↑↑
 頑張れ!!ローズ・クオーツ!!(&クエン酸)
[PR]
by studio_kaya | 2008-07-14 15:42 | Comments(0)

インド歯ブラシ(ニームの木)

ヨガ生活の朝と言えば、日が上がる前にシャワーでさっと身を清め、タンクリーナー(舌洗浄)、ジャラネティ、スートラネティ等で鼻の洗浄をし、朝から出来るだけ洗浄するわけだ。
で、ついでに歯も磨く。
インドのどこでも売っている歯ブラシと言えば、その辺の木の小枝を15cm切った物をガスガス噛んだりするような歯ブラシ。
犬の歯磨きガムに近いのか?
で、単純にそうでもなく、ニームの木(インドの伝統的療法アーユルウェーダーで重宝され、薬の木・村の薬局?!呼び方忘れ・・。)と言う木を使用する。
この木は優秀で、全ての部分が余すことなく使用できるらしい。
効能は色々有り、代表的なのは、虫除け等みたい。
おそらく噛み噛みすることで、食べかすが取れ、抗菌作用など有るのでしょう。
インド人はそこらで噛みタバコ(パーン)をし、ぺッ!!とつばを吐くのと同じように噛み噛み、ぺっ!!として歯を磨いている。
環境にもやさしいけど、しかしながら、残念!! 細かい所は磨けないです。
やはり日本で作られている歯ブラシはすごいですわ。

ちなみに、ニームの木を使用した歯磨き粉も有るの興味がある方如何でしょうか?
[PR]
by studio_kaya | 2008-07-11 19:07 | インドとヨガ | Comments(0)

ビワ酢完成

 実家にビワの木がある。
 昔々、食べた後のビワの種をポイしたら、そこから芽が出て、2階にまで届くくらい伸びて、今では毎年実がなる。 
 おばあちゃんの言うには、ビワの木が庭にあると不吉だそうだが、それはきっと葉が茂りすぎて日当たりが悪くなるから、そう言い伝えられてるんだと思う。せっかくなので、ママはそのまま育てた(・・・ってゆうか放っておいた?)。

 完全無農薬・有機肥料(野菜くずだけど)の自家栽培なので実は小さいけれど、今年もたくさんなったので、ママが送ってくれた。

 次の日のメールに、「ビワ酢はいいそうです。ビワ酒も」ってきたので、ビワ酢を仕込んでみることにした。
 いろいろ調べてたら、ビワの種をつけたビワの種酒っていうのもかなり美味しいらしいので、それも仕込んでみることに。

 3時間かけて指先を真っ黒にしながら皮をむき、種をとり、栄養がありそうなのでハチミツと定量の2倍の氷砂糖をいれて仕込んだ。ビワの種も氷砂糖たっぷりで仕込んだ。・・・甘い方が美味しいし、余っても使い切れないしね。

 毎日容器をゆすり、様子を見ながら、遂に今日飲んでみた。
 
 酢の効用はいろいろある。
 酢を飲めば体が柔らかくなる?とか、痩せるとか、健康にいいとか・・・。
 
 酢を飲めば、酢に含まれるクエン酸の働きで、体のクエン酸回路がよく働く。それでいろいろといい事が起こる。
 例えば、肩こりの解消とか、痩せる(糖質を燃焼しやすくなるから)とか、疲労を取り除くとか、体が柔らかくなるとか(運動前に適量をいいタイミングで飲めば)。
 生活習慣病の予防にも役立つらしい。例えば、血圧上昇を抑えるとか、肥満、糖尿病、動脈硬化の予防。
 美容にも!ニキビの予防、体の老化(酸性化)を防ぐとか。

 でも、ただ飲むだけじゃ上に書いた効果は出ません。クエン酸回路をうまく働かせるためにも適度な運動も取り入れなければなりませぬ。
 
 ヨガ&ピラティスもして、ビワ酢も飲んで、あら、ヤダ・・・。これ以上キレイになったらどうしましょ♪

 今日は、バレエのレッスンの前と最中の時に飲んでみた。
 足はいつもより高く上がったか?・・・分からない。
 汗はいつもよりかいたか?・・・いつもどおりボタボタかいた。バレエで立ってるだけで汗をぼたぼたかいてるtaeは、これ以上汗はかけないと思う。

 サウナの時にも飲んだけれど、甘酸っぱいのが、サウナの最中と後にはとってもぐ~!!
 
 しばらく、このビワ酢を飲んで、どう体が変わるのかを観察してみます。
 頑張れ!クエン酸!!
 
 
 
[PR]
by studio_kaya | 2008-07-10 21:39 | Comments(0)