<   2012年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今年もありがとうございました

2012年も、無事に終わろうとしています。
今年も一年、とってもとってもお世話になりました。
感謝、感謝、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございます!!

皆さんの「今年」はどんな年でしたか?

taeは、初ニューヨークにヨガへの気持ちがワンランクもツーランクも上がり、また憧れのイチロー選手を拝めた事で、更にイチロー選手への愛が深まりました。
また、思いがけずテレビの出演もあったり、いつもの年よりkayaがレベルアップした手応えがあった年でした。


でも、そんな一年の一大イベントより何よりも、日頃のkayaのレッスンが毎日毎日楽しくて楽しくて、レッスンに来てくださる皆さんとのやり取りや、ヨガイベントよりも多く開催した(笑)美味しい物を食べに行くkayaツアーもとってもとっても楽しかったです。

お休みをもらって海外に行ったりするのも、いい思い出になるけれど、日常の生活や仕事がこんなにも楽しかったのは本当に幸せな事だと、つくづく思います。

ヨガやピラティスが好きで、「縛られる事なく、自分の好きに教えられる」kayaという場所を持てて、そしてkayaに来て下さるみんなに囲まれて、本当に幸せです。

みんな笑顔で、レッスン中にみんなの爆笑が起こり、みんなそれぞれ一生懸命で、みんなが関わり過ぎる事もなく、みんなの事を尊重し、毎回素晴らしい発見や気付きを得る事ができるkayaや、そんなみんなが本当に大好きです。

また、人間だけでなく、kayaのスペシャルインストラクター、小姫先生やJOJO丸理事長、ちびっこギャングの菜々ちゃんやJO2も大変お世話になりました。
みんなが優しく接して下さって、みんなkayaが大好きです。

来年も、更にヨガやピラティスを深く勉強して、更にみんなのレベルを引き上げて、みんなにもkayaにも「いい運気」や「強運」が舞い込みます。

もっともっと楽しくて楽しくてたまらないkayaになります!
taeも、ますますお笑いの腕を磨かなければ(笑)!!

皆様、寒さ厳しい年末年始になりそうですが、お体に気をつけて、楽しくお過ごし下さい。

また来年も、ご一緒に楽しく過ごしましょう!!

2012年、本当に素晴らしかったです。
本当に本当にありがとうございます。
[PR]
by studio_kaya | 2012-12-31 13:42 | Comments(0)

もちろん見た見た!イチロースペシャル

もちろん、見ました!
12月29日のNHKの「イチロースペシャル」

衝撃的だった7月のヤンキース移籍の イチローの「区切り」を中心に、イチローの心の内が明かされていきます。

いろいろと語りたいけれど、キリがないほど語るので、割愛。

ヤンキース移籍から、イチローの大活躍した、地区優勝争奪の試合は実際にニューヨークで見たもんだから、taeはイチローにとって印象深い試合を目の当たりにしたことを、とても誇りにラッキーに思えます。

ニューヨークから帰って来てすぐ、コンビニでたまたま見つけた「Number」ってゆう雑誌を見つけて、表紙がイチローだったから買ったら、ニューヨークで見た試合の事が書かれていました。
「ニューヨークのファンはイチローと叫んでくれる。それはとても力になる」と書かれてたんだけど、taeは誰にも負けず叫んでいたのは、しっかりとイチローにも聞こえていたってゆうのも、taeの今年の重大出来事のひとつです。

イチローは、ヤンキースと2年契約したから、taeがニューヨークへ行く口実ができて嬉しい限りです。

松井が引退し、時を同じくしてイチローがヤンキースに入団して大活躍する……

そのそれぞれの「運命」とは不思議なものです。

イチローが番組の最後に言った言葉が、心に深く響きました。

その言葉を聞いて、イチローは、「野球道」を極めるどころか、イチローが常に言う「野球を通して『人間・イチロー』としての在り方・生き方・(生きる)姿勢」を極めようとして、
この人は本当に極められるんだと確信しました。

ヨガの世界でも、同じです。
でも、口だけ偉そうに知ったような事を言って、自分が気づいていない中身や行動がともなっていないくっだらない人間が多い。もちろん、taeも含めて。

「道を極める」とか「人間を極める」なんて、修行の道に入っても困難なのに、イチローはそれを自分で知り、自分で切り拓いている。

「自分の引退は想像がつかない」って言っていたイチロー。
「分からないから、ありったけの自分でいられる」

「分からないけれど」、イチローは「野球人として」そして「人間として」最高のレベルに登りつめて、登りつめたままの状態で引退するんだろう。45歳頃に。

引退について語る時、イチローは「野球人としての死」という表現をしていたけれど、その時の表情は決して暗いものではなく、目がキラキラして、野球少年のような明るい表情に見えた。

イチローにとって、年齢なんて関係なく、一試合一試合、ありったけの自分で、ありったけ楽しめる野球生活が送れればいい。(それはとてつもない努力が必要だけど)

イチローの言葉は、どんなヨガ哲学の本より、どんな仏教の本より、分かりやすく生き方をおしえてくれるし、それを実際に体現してくれている。

イチローを見ると、本当に励まされます。
[PR]
by studio_kaya | 2012-12-30 16:34 | Comments(0)

捨てる

実家に帰って、いつもやろうと思っていたコト…

それは、家を出てからやっていなかった、実家に置いてある自分の物の片付け。

今年、やっとできました。

10年以上前くらいの物がどんどん出てきます。

いろんな所に旅した思い出の数々がいろんな形として出てきます。

あの頃、ケータイメールもデジカメもなかったから、旅先で出会った人達にはノートに連絡先を書いもらったり、フィルムのカメラで写真を撮って、現像をし焼き増しをし、手紙を添えて送ったものです。

そんな旅人たちの心のこもったハガキや手紙、写真なんかわんさか出てきます。
他にも、チケットや記念にと置いといた紙切れ、記念の品々………

そして、10代後半から書いていた日記や、その時の気持ちを書きためていたノート……
ハードカバーで厚みが3cmくらいあるノートには、最初から最後まで2mm四方の小さな小さな文字でびっしりと日記が書き記されています。
全部読むには3日くらいかかるような、本屋さんに売っている本と変わらない「作品」「自伝」です。

パラパラとめくって読んでみたら、思い出すようなコトもあるし、日記に書かれている人の名前を見ても「誰やろ?」って思い出せないこともしばしば。
大体、思い出しても少しもろくなことも足しにもならないし、そんな若い時に感じたコトでこれからの人生の教訓になるようなこともなく、最近、自分でハマっているYOUのモノマネで「若いって………メンドクサイ!!」ってコトばかり。
あの時はあの時で精一杯生きてたんだろうし、限りなく溢れ出てくるやるせない気持ち(それが「若さ」ってヤツなんだね。「若いって………メンドクサイ!!」(笑)を)をぶちまけてた日記やノート。

捨てました。
燃えるゴミに。

写真、手紙、旅の記念の品々。
捨てました。

ごくごく一部は残しておいたけど、それもまた捨てる日が来るかもしれません。

日記なんて書き残すモンじゃないね。

毎日、ありったけで生きて、いいことも悪いことも栄光の日々も、その時で終わって、次の瞬間には「次のコト」をありったけの自分でこなさなきゃ。

で、全く思い出せない日記の一部を……しかも、イラスト付きでしたが、全く思い出せませんでした。

4月7日
種、植えた。
こたつで。
「石、入れて」「土、入れて」「種、植えて」
たえはこたつから指図して
タロウ(当時のunder the hand・仮名)が外で
種、植えた。

なんて可愛らしく詩的な日記でしょう。

本人も、きっとタロウも記憶にないこんな出来事、こんなの残しといても、何の足しにもならないコトは、本人でなくても明らかです。
[PR]
by studio_kaya | 2012-12-29 17:34 | Comments(0)

松井秀喜選手の引退

イチロー選手と松井選手は、どちらも天才で、でもよく比較されて正反対だと言われてて、taeはご存知の通り、イチロー派で…。

それでも松井選手は素晴らしいと思っているし、それにしても今日の引退にはびっくりしたし、「とうとうこの日が…」と、やっぱり寂しい思いもあります。

松井選手が語られる「第一幕」として、必ず語られる伝説「星稜高校vs明徳義塾・5打席連続敬遠」。

あの頃から大の野球好きで高校野球も夢中で、「ドカベン」が愛読書で、「ドカベンに出てくる土井垣監督」がtaeの理想の男性で、殿馬が大好きだったtae(長い前置きでした)も、あのシーンは忘れられません。

悔しくて悔しくて怒って怒って、怒りまくりました。
夏休み中、明徳義塾を恨みました。
こんなヒドイ事は、マンガでもない!!

でも、これも松井秀喜のスゴさを語るにふさわしい伝説。

そして、「第二幕」となるドラフト。

阪神ファンだった松井秀喜を、残りクジで当てたにっくき巨人軍の長嶋茂雄監督…長嶋監督と松井の運命の出会い…が松井秀喜「第二幕」
なのだが!!
あの運命の瞬間から、少し巻き戻した所が、阪神ファンのtaeにとっては運命の瞬間!

松井の残り2枚のクジを引いた、つまり、長嶋監督の前にクジを引いたのは、阪神!!
「どっちにしようか」かなり迷って、クジをかき回した末の選択でした。
「もう一回かき回せば」、松井だったのに!!

でも、それも今となっては松井のためには良かったのだと、誰もが思っていると思います。
伝説の選手であり、伝説の監督が、伝説の選手を育てるのだと思います。

この先の巨人軍とNYヤンキースでの活躍とケガとの戦いや復活劇なんかは皆さんのご存知の通りで、taeはどうしてもイチローと比較してしまいます。

でも、間違いなく松井秀喜はイチローと並んで、日本だけでなく世界のの野球界のスーパースターであり、日本の誇りです。
子供が生まれたら、イチローだけでなく松井秀喜の偉人伝も読ませます。

野球好きに、素晴らしい夢をありがとうございました。

しばらく、素敵なニューヨークで、ゆっくり過ごしてください。

また、日本の野球に関わって「新・松井秀喜伝説・第一幕」が始まるくのを、楽しみにして…。
[PR]
by studio_kaya | 2012-12-28 13:39 | Comments(0)

新年早々「グッチーの今日ドキッ!」出演決定!

新年早々「グッチーの今日ドキッ!」出演決定!

大絶賛&ご好評を頂いております、taeのテレビ出演。
新年早々、またまたオファーを頂きました。

1月14日(月)「グッチーの今日ドキッ!」の中で、「お正月太りを解消」のコーナーで、お腹と二の腕を引き締めます。

もちろん、kayaでの収録と、14日に番組にも生出演して、またまた楽しいレッスンを繰り広げますよ〜!

そして、誰もが楽しみにしているtaeの素晴らしく引き締まった美しい、アスリート並みのバディーもご披露します!

お正月、気を抜けないな…

いやいや、taeは気を抜いても太りません。

皆さん、お楽しみに〜!!
[PR]
by studio_kaya | 2012-12-27 13:45 | Comments(0)

今年もあと少しです。

皆さんのおかげで、お休み頂いています。

fuku何をしているかご存知だと思いますが、先日は縁もあり教会で炊き出しの作業の手伝いをしていました。
およそ300名分の食事で、クリスマスなので、普段の炊き出しと違いクリスマスらしく大量のチキンの仕込み。

海外だとボランティアの意識が高く、一昨日オーストラリアから引っ越して来て、2日後にはボランティアに参加するのだから脱帽です。
皆、意識が高いのです。
しかも、自身の家の水回りの調子が悪く修復してるんだそうな。
自分も大変じゃん!!!
他にも色々な人がいて楽しかったです。

作業しながら、このチキン絶対美味しいよね。
ホームレスの人達、喜んで食べてくれてるかな?
自分が炊き出しに並びたい位に豪華な料理ができそうです。
d0129962_1328136.jpg

d0129962_13275231.jpg

このあとお父さんは、目の前の食事に手を出します。
料理をする前から、既にワイン飲んでいた方もちらほら。
その位の余裕が必要だと思ったね。
[PR]
by studio_kaya | 2012-12-24 13:32 | つれ | Comments(0)