<   2013年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

遂にアップされました!!

 taeが、格闘技WEBマガジンの最新インタビューに遂にアップされました!!

 きっと10時間くらいに及ぶロング・インタビュー・・・というか、ロング・お喋りがうまくまとめられて、taeの魅力満載、そして何百枚も撮ってもらったカワイイ写真の数々(笑)
 インタビュアーとカメラマンのご苦労が伺えます。
 お喋り過ぎて本当、申し訳ない・・・。

 内容は、taeがどうのこうの言う前に、「MMA禅」←クリックで検索・アクセスして、見て下さい!
 そうそうたる屈強なファイターたちに肩を並べています。
 『鬼を泣かせる、さらなる鬼』って書いてくれてます(嬉)

『格闘技WEBマガジン禅』
http://www.mma-zen.com/
 
 
[PR]
by studio_kaya | 2013-09-30 16:57

新レッスン『最強体幹をつくるヨガ&ピラティス』開講決定

 9月から、毎週(木)21:30~22:30に、アスリート限定の新レッスン『最強体幹をつくるヨガ&ピラティス<Level.アスリート>』が始まります。
 
 内容は、「いつも通りの」taeのレッスンです。
 違いは、1時間のクラスの中で、ヨガをするかピラティスをするか両方か、その都度変わります。
 どんな競技でもOKですが、本気でその競技をやっている「アスリート限定」レッスンです。
 各競技やアスリート個人に適したポーズやエクササイズでコアを徹底的に鍛えて、ケガや体の痛みを治したり、ケガをしない・疲れない・効率的な動きができるパーフェクトな体とパーフェクトなパフォーマンスを得られる『最強体幹』をつくります。

 もうすでに、kayaに通ってくれている格闘家のお陰とご縁で、プロ格闘家も含め、すでに3人の格闘家が参戦表明してくれています。
 これぞ、taeの真価発揮です。
 taeのレッスンを受けてどんな変化が現れるか、taeには容易に想像がつきますが、彼らにとっては想像以上の成果が現れるコト間違いありません。
 ヨガ&ピラティスは「女・子供のやるダイエットエクササイズ」「簡単でゆるい」という先入観があるし、ヨガ&ピラティスを含めたコア・トレーニングの重要性がまだまだ浸透していない・・・。

 ここに「ホンモノ」のヨガ&ピラティスを教える、「ホンモノ」の先生がいる事を証明して、みんなの想像以上の成果を出す事を約束します。

 体幹を鍛えて強くなって、今まで悩まされてきた体の痛みやケガから解放されて(なんであんなに悩まされていたのかバカバカしくなるくらい)、練習の疲れを解消するリカバリーにもなって、更に更に、tae先生は可愛くて面白い、最高のレッスンです。

 taeもとても楽しみにしています♪
 最強のファイターたち、もっともっと強くなるから、来月からよろしくね♥
[PR]
by studio_kaya | 2013-09-30 16:45

幻のぼたんそば 新そば収穫祭@浦臼 ツアーのお知らせ

 今年もやって来ました!新蕎麦の季節が!!
 浦臼でしか獲れない、しかも市場に出回らない幻の「ぼたんそば」の新そばを味わいに、今年も浦臼にツアーに行きましょう♪

ぼたんそば 新そば収穫祭@浦臼 
 【日時】9月29日(日)
 【費用】実費+ガソリン代の割り勘


行きたい方は、スタッフまで♪

お蕎麦だけじゃなくて、行きにデニッシュが美味しい、隠れ家的パン屋さんにも行きますよ♪
そうそう、前にブログに載せた(2013年6月11日)、「北海道で一番美味しい焼き鳥」も買えますよ~!
[PR]
by studio_kaya | 2013-09-28 15:29

まっちゃのチャチャチャ♪♪

kayaのお客さんが、「マルイさんで京都の『東山茶寮』(←抹茶ですごく有名)が、期間限定で出てるよ」と教えてくれて、実家の神戸に帰ると必ず京都に行くtae、もちろん京都の抹茶は大好きで、早速行って来ました。

 極上抹茶ロールケーキと、抹茶蜜をかけて頂く宇治抹茶ぷりんを買いました。

 「そう言えば、あそこに(『東山茶寮』のあるフロアと同じフロア)に抹茶屋さんがあったなー」と思い、お店に行ったら、お兄さんが抹茶をふるまってくれました。
 外に出ればコーヒーやら紅茶やら普通に飲むのだけど、家ではあまりカフェインを飲まないので、お家でケーキとかスイーツを頂く時も白湯や普段飲んでるハーブティー。
 でも、おやつの時間は特別でとっても幸せな時間。普段とは違う飲み物もいいなーと思っていたのでした。
 
 抹茶屋さんのお兄さんに、「そのまま飲むのだったら甘みのあるものを」「葉脈もそのまますりつぶしているから、お茶の中で一番栄養がある」「泡立て器で撹拌して飲むといいよ」とか、いろいろ教えてもらって、抹茶ロールケーキと抹茶ぷりんに抹茶が加わって、抹茶の「チャチャチャ3連隊」を従えてお家に帰りました。
 
 最近ちょうど食器を一式新調し、その中に小さめのマグカップがあったので、それを抹茶用にして、さっそく至極のおやつの時間です。

d0129962_1643339.jpg

 そうそう、京都と言えば抹茶も美味しいけれど、黒豆のお菓子も美味しいよ。
 日本一黒豆が美味しい丹波篠山(京都の近く)で獲れた大粒で味の濃い黒豆を使って、京都独特のわびさびの利いた細やかなセンスで作られた黒豆茶や黒豆煎餅、黒豆ようかんは絶品!!
 お菓子を包んでいる包装や箱もとっても凝ってて美しいのです。
 京都に遊びに行った際は、抹茶と黒豆のお菓子も味わって下さい。
 
[PR]
by studio_kaya | 2013-09-16 16:40

コス●コで健康を語れるか?vol.1

 コス●コが大好きだ。
 アメリカ映画の中に入り込んだようなメガトン級の非現実的な大きさや、一体何人家族かというような個数の夢膨らむ素敵な品々。
 
 枕のようなポテトチップスに(寝返りを打つ度に耳元でものすごいガサガサ音がする)
 バケツで作ったようなティラミスやプディング(まるで『借りぐらしのアリエッティ』のようなアリエッナイ大きさ)は正にスイーツ好きの憧れ
 肉は大きければ大きいほど美味しく見えし(まるで宮崎アニメに出てくるツッヤツヤして肉汁滴る美味しそうな肉料理のように)
 座布団みたいなピザはいろんな種類があって、どれも美味しそうで食べたくなるし
 12人も集まれるような大きなお家じゃないのに、12セットもお皿やグラスが安くって
 それらを買ってアメリカンなホームパーティーを想像したり、夢のお城に入ったような気分になるから。

 でも、こんなのばっかり食べてたら太っちゃう。
 ・・・コス●コで健康は語れるのか???
d0129962_17163162.jpg

 マンゴー・バナナは朝食や砂糖を使わないお菓子作りの甘みや風味づけに。
 乳と塩だけで作られたナチュラルチーズと、無脂肪のモッツァレラチーズ(もちろん乳と塩だけで作られている)。
 冷凍ミックスベリーはヨーグルトと共に。
 いりこはお味噌汁のダシと、そのまま味噌汁の具に。
 カシューナッツのお菓子も、ナッツ類と米糖しか使っていないという、意外にヘルシーなおやつ。
 甘いお菓子を食べたら「からい」お菓子も食べたくなるから、ゴマたっぷりのお煎餅を。これは個包装になってるから、安心して食べられる。
 そして、自ら「健康」と語っているミックスビーン。

 そしてそして、毎日快食♪快便♪♪ご機嫌元気!!躍動感溢れる菜々ちゃんです。
[PR]
by studio_kaya | 2013-09-09 16:57

東京五輪

おはようございます。
2020年五輪東京開催が決定しましたね。
夜中起きてTV見てしまうか迷ったけど、先ほど確認!!
やった!
この瞬間待ってました。東京で開催なんて夢のようです。
楽しみが増えたさ。
気分も良いし、少ししたら散歩にGO!!
[PR]
by studio_kaya | 2013-09-08 05:57 | つれ

福の主食?!かれ~~~。

とうとう9月も1週間終り、短い秋に突入かな??

夏に入ってから、夏はカレーでしょ。など思いながら、せっせとカレー作り続けてきた。

野菜は出先で購入した地産の野菜だったり、会員さんの持ってきてくれる新鮮野菜。

ありがたや。ありがたやと。毎日結構な量の野菜を消費する。

色々作ったけど、もちろん基本無添加で作る。

あとは、豆入り玄米ご飯や野菜や会員さんから頂いた手作りみその味噌汁だったり、食べるとなかなか強烈な野菜のパワーを得られるわけだ。

そんな日をしばらく続けて、あるレッスンの日。

どうしても、移動の間に食事をしないといけない時が有る。

最近はバナナ食べたり、ナッツ食べたりして、食べ過ぎないようにしてレッスンに入る。

先日はバナナ無いし、出先の何かで凌ごうかとコンビニに入る。

最近のコンビニは何でも売っている。

バナナもあるけど、1本100円也。 その上には、今だけ100円!! 人気 NO1 焼きサケおにぎり。

お米のほうが腹もち良いかなと、その時おにぎりを選んだ。

あなたならどっち?などと問いたくなるけど、雨で少し濡れたfukuはフルーツではなく、おにぎりでした。

北海道特有の「おにぎり温めますか?」「お願いします。」番組のCMのようだけど、温かなおにぎりGET。

さぁ~。食事だ。一口目「ん!」、二口目「んんん!!」

すごいんです。なにが?味。コメが、コメがただの白米以上の何か不思議な味。

普段から玄米生活なので、滅多に食べない白米ですが、それ以上の何かの味。

不思議なうまみのような。

なんだか凄いうまみを感じるのです。このところ、意識することなく、普通に無添加、健康食事生活になっていたので、コンビニのおにぎりの味でさえ。。。。。。すごい味に感じるのです。

この味は正しいのか? 或いは、fukuがおかしいのか? 皆さんはどのように思いますか?

・・・・・・・・・・・・・。そうだよね。と言った、感覚です。

でも、現代ではそこを逃れるのはとても難しいなと思います。

わざわざ、スパイスからカレーを作るか?

無理してどうのと言うことは無いのですが、自身を観察し、エネルギーを得る為にも、正しい食事・味覚も必要やし、今後の為にも?

ちなみに、最近玄米で作ったチーズケーキを頂きました。

チーズケーキに思う?っと言われましたが、fukuは「チーズケーキでは無いと思うけど、チーズケーキとしてでなく、これはこのようなスイーツと言われれば、十分美味しい。」と言いました。

そのチーズケーキも、もちろん手作りで、めちゃくちゃナチュラルな味で、南インドだった?のスイーツ「パヤサム」を固めた感じに近かった。

クルミやレーズン、松の実を入れても美味しそうでした。

sivananda ashram でも感じた味。口に残ることも無く、さわやかで。

色々なスウィーツ有り、時々は毒!!を入れて毒&ストレスの免疫作るのも必要かと思うけど、手作りでも十分満足感が得られるのだから、ありがたいな~~。

手間がかかっても、それが今後の財産だな。。。等と思いながら。。

夜は弱い。。。。。。おやすみなさい。
[PR]
by studio_kaya | 2013-09-08 00:06 | つれ

初の「最強体幹をつくるヨガ&ピラティス〈Level.アスリート〉」

 さてさて、昨日、初の「最強体幹をつくるヨガ&ピラティス〈Level.アスリート〉」のクラスがありました。
 3人のファイター達が集まって、それはそれは地獄絵図(笑)のようなレッスンでした。

 みんなの弱い部分はよぉ~くよぉ~く分かっているので、そこばかりを狙って強化していくので、「地獄絵図」のようになるのは当たり前。
 「できること」をやっても意味はなし、強い部分を使っても進化なし、得意な部分はほっといても得意なので、徹底して弱点を狙っていきます。

 歯を食いしばり、でもtaeに「笑って」と言われ、腕を下ろしたら、taeに「下ろしたらアカン」と言われ、膝をガクッとついたら、taeに「立って」と言われ、「先生、腕がしびれた」と言ったら、「しびれるくらい大丈夫。腕がちぎれたら教えて」と言われ・・・
 よく「試合の方が楽だ」とか「1時間のヨガ・ピラティスのレッスンは、1日の練習したみたいな疲労感」とか、トライアスロンをやっている人には「トライアスロンの方がラク」と言われます。

 でも、ファイター達の精神力はさすがです。
 めげません。
 全身から号泣しながらも、立ち上がり、「もう一度」「もう一度」とチャレンジします。
 これは、taeが今までヨガの道で辿って来た事です。taeが楽そうに、簡単そうにやるポーズの裏には、そんなtaeの努力の積み重ねなのです。
 骨が折れても練習するtaeの根性が分かる人には、taeのこんなクラスについていけて、パフォーマンスも精神力も向上していくんだと思います。
 そして、もちろんそんな人たちも、根性があって、「人間としても」素晴らしい人。

 taeは、屈強なファイターたちに膝をつかせてますが、心の底から彼らの素晴らしい「人間力」を尊敬して、そして感謝して、taeの全力を注いでみんなを「最強ファイター」にしようと思ったのでした。

 みんなが興味津々のクラスの様子は、「MMA禅」←クリックのtaeのインタビューのページにアップされてます。
 
[PR]
by studio_kaya | 2013-09-06 14:10

痛みをどうとらえるか vol.1

 結論から言うと、「NO PAIN , NO GAIN」・・・「痛みなくして、得るものなし」

 この言葉は、taeが初めてインドに行って、3ヶ月間、インドはマイソールでアシュタンガヨガを学んだ先生のお言葉。
 この先生は、taeにとって初めて「ヨガとは・・・」と教えてくれた先生で、たくさんの先生に出会った中で、taeのヨガに影響を与えたと言ってよい先生の一人。
 この先生の座右の銘、口癖が「NO PAIN , NO GAIN」だった。

 当時のtaeは、心も体もボロボロだった。
 半年に渡る初めてのインド生活で、原因不明のインドイヤイヤ熱に侵され、食べられる物は何もなく、毎日アパートの部屋で、街なかで、病院で「なんでこんな目に遭わなアカンの~」と日本語で泣き叫び、もしかしたら鎖骨と肋骨が折れてるんじゃないかと思うくらいの肺に突き刺さるような痛みに耐えながらのハードな練習の日々。
 
 こんなtaeに、先生の「NO PAIN , NO GAIN」という言葉は、taeにとっては心の支えだった。
 でも、こんな事も、今じゃ笑い話で、taeにとっては最も印象に残るインドのヨガの風景。

 そんな言葉を心に刻んで、インドから帰国し、日本での練習や仕事を始めてみたら、日本のヨガ独特なのか、先生の考え方なのかは分からないのだけど、「痛いのはヨガじゃない」という風潮が強い・・・というか「絶対」である事に気付いた。
 そら、もちろんヨガ哲学の「八支則」の中に「アヒンサー(非暴力)」という項目があって、「他人も自分も傷つけてはならない」という考え方がある。
 果たして、ヨガの痛みが自分や、自分が先生だったら生徒に痛いポーズを教える事が「暴力」というのかは分からないけれど、とにかく「痛い」=「キツイ」ヨガはヨガではないし、taeも実際「tae先生のヨガはキツイ。あれはヨガではない」と言われて、スポーツクラブをクビになった事もある。

 だから、帰国してからは、自分の心には刻んでおきながらも、「NO PAIN , NO GAIN」を口にする事はなくなった。

 それから何年も後、びっくりする所でこの言葉を聞いたのでした。
 それは、今年5月に参加させてもらったズビン先生のアイアンガーヨガ・コンヴェンション。
 全日程が終了後、ズビン先生を呼んで下さったノリコ・エンスリン先生のご挨拶の中で、「『NO PAIN , NO GAIN!』『痛みなくして、得るものなし!』です」と、おっしゃったのです。
 この言葉を聞いた瞬間、ヨガを初めて最初のtaeの座右の銘である事を思い出し、涙が溢れてきました。
 
 まさか、ここで尊敬する先生から、taeの座右の銘が聞けるとは!!

 もしかしたら、ノリコ先生とtae、そしてマイソールの先生のとらえるこの言葉の意味は微妙に違うかも知れない。
 それはまだ経験の浅いtaeが、ノリコ先生やマイソールの先生のように歳を重ねていくと分かるようになるかもしれない、変わっていくかもしれない。
 でも、この言葉は間違いではない。

 ※注)taeが誰に対しても「痛み」を強制するわけではありません。taeはプロなので個人個人に合わせてヨガを教えています。だから、人によっては「痛み」を感じたら無理せず痛くなくするように教えますので、taeのレッスンが「痛い」わけではありませんので、ご安心を・・・!!
 
 また、改めてこの言葉を強く心に刻み、そしてtaeは伝えていく事を決心しました。
~続きます~
d0129962_14461660.jpg

当時の日記帳から
d0129962_14464161.jpg

先生に書いてもらった言葉
[PR]
by studio_kaya | 2013-09-04 14:38

「筋膜という繋がりで身体を感じてみる」WS 終了後

先日は「筋膜という繋がりで身体を感じてみる」WS 、ご参加ありがとうございました。

何かしら発見や、得るものが有れば幸いです。

先生は、明日札幌を発つとの事でした。

fukuもロルフィング(アメリカ・ドイツ・ブラジル)の考え方が違うのは知りませんでした。

ちょこちょこと色々見たりして、基礎知識もあるつもりではいましたが、それはごく一部でしたね。

今まで培ってきた事、そしてkayaでの筋肉の使い方の考え方が間違っていないことの再確認にもなりました。

どのジャンルでもそうですが、表現方法は違えど、心身・そして深層に意識を向けると行きつくところは同じかね。

そうそう、先生はミュンヘンに戻り勉強を再開させ、もしかしたら年明け位に来てくれるかもしれません。

その際は、「個々人の身体を見るセッションも良いね。」との事でした。

また、良かったら参加してください。
[PR]
by studio_kaya | 2013-09-03 15:24 | つれ