ポーズを長くキープする意味

 大概の人は、ヨガのポーズを長くキープすることを嫌がる。

 ツライから。

 でも、taeは、長くポーズをキープできてこそ、「ヨガの意味」があると考えている。

 「ヨガの意味」って、ヨガをやっている人それぞれ違うし、目的も違うだろうから、taeの考えが一概に正しいとは言えないけれど、自分が「何のためにヨガをやっているのか」をじっくり考えてみるのもいいんじゃないかな?

 taeが尊敬してやまず、taeの目指すヨガの先生の言葉が、taeのノートにメモしてあるのを見つけたんだけど、それを改めて読んで、感動したのでした。

 「アーサナ(ヨガのポーズの事)を長くキープする意味→(ポーズを長くキープしていると)痛みを伴う→(痛みを)我慢する事を学ぶ→人生においても⇒『成長』
 
 「しかし、その痛みから逃れる方法も学べる⇒『成長』


 ポーズを長くキープしていると、体が痛くなります。そして、嫌になります。
 でも、何で体が痛くなるのかというと、それは「体が上手く使えていないから」
 体が上手く使えていないと、そこから痛くなって、ポーズが崩れていきます。

 ポーズをとっている時に体が痛くなったら、その痛みから逃れるために、「体を正しく使う」つまり、「崩れていく骨格を正しい位置に戻し、正しい筋肉の使い方をする」事を目指していけばいいのです。

 ひとつのポーズの間に、「ポーズを崩してしまうヨガ」と「正しい体の使い方を学ぶヨガ」
 どちらが、体が進化しますか?

 短い時間でどんどんとポーズをとっていると、体が上手く使えてないのに痛みが伴う前に、つまり、自分が上手く体が使えていないと気付く前に、次のポーズに移っていきます。

 体を進化させたいのなら、自分の体の弱点に気付き、それを克服していく必要があると思いませんか?
 
 自分の弱点を見つめるのは、とってもしんどいことだし、そしてそれを克服することはとっても面倒だったり嫌になります。
 でも、それをしないと体が進化しないし、それをすることで「心の進化・成長」も絶対あるはずです。

 長くポーズをとっている間に体が痛くなったら、それから逃れるために、体を調える。 
 それが、ヨガの意味「調体」ではないでしょうか?

 長いポーズをとっている間に、「痛くなった所=自分の弱点」を見つめられる心の強さを養う。
 それが、ヨガの意味「調心」ではないでしょうか?

 長くポーズをとっている間に、痛くなった所をどのように「調体」するのか、それには心を落ち着かせ(つまり「調心」)、集中力が不可欠です。
 「調体」「調心」するために、つまり、心と体を結び付ける唯一の方法は「呼吸」です。
 それが、ヨガの意味「調息」ではないでしょうか?


 「調体」「調心」「調息」の意味は、まだまだたくさんあると思いますが、taeが書いた事もひとつにあるのではないでしょうか?

 短い時間だったらポーズはきれいにとれるけれど、長い時間になると崩れるのは、ヨガですか?
 短い時間で、本当に体を見つめていますか?
 ただ、「体の動きを流している」だけではないですか?
 
 短い時間でも、長い時間でも、時間に左右される事なく、どんな時でも崩れる事なくきれい(=正しく)にとれるのがヨガだと思います。

 (※きれいなポーズとは、本に載っているような形のポーズではなく、「今の自分にとって、正しく体を使い、最高に効果のあるポーズ」の事をいいます)

 長い時間の間に、自分の体を見つめ、自分の弱点が現れ、それを克服していきます。
 ひとつのポーズの間に、自分の限界を少しずつ超えていくのです。

 「長い時間」とは、どれくらいの時間でしょうか?

 それは、人それぞれです。

 例えばアシュタンガヨガは、5呼吸でポーズを変えていきますが、同じ「5呼吸」でも人によって違います。
 5呼吸の間に、自分の限界を少しずつ超えていけるのか、5呼吸を流すのか。

 5呼吸の間に自分の限界を見極める事はとても難しく、それができるようになるためには、それ以上の長い時間で自分の限界を見極める練習をしなければなりません。

 「Yoga is MEDITATION」・・・「ヨガとは瞑想である」
 つまり「自分を見つめる事」です。
 
 そして、自分を高めていくのです。
 
 でも、人によってヨガの考え方も目的も違いので、「長いポーズはイヤ」「ツライ・痛いのはヨガじゃない」って思われる方もたくさんた~くさんおられるので、別にそういう考え方を否定するつもりもありません。
 
 楽しめばいいのです。

 ただ、「自分の体を変えたい」って言う人が多い割には、「長いポーズはイヤ」とか「ツライ・痛いのもイヤ」って言う人が多いのも事実です。

 taeの体がどうして細く、強く、しなやかで、誰が見ても「完璧だ」と言わしめるのか。
 この体を手に入れるのは、「NO PAIN , NO GAIN」なのです。

 『taeのヨガ』は、「長時間ポーズをとっても疲れないようなヨガ」をしているし、「たった5呼吸」でも、限界を超える事を心掛けるヨガなのです。
[PR]
by studio_kaya | 2012-06-06 15:57