「先生、何食べてんの?」

「先生、何食べてんの?」

え?今食べてんのは「きっと勝つ」と言われてるチョコレートのバ~リバリ♪ゆうぅばり♪♪味。

スタジオに来て下さってるお客様はもちろん、いろんな人にしょっちゅう「普段、何食べてるの?」って聞かれる。
 私はダイエットはしてないし、別に食べる物に気を付けてるワケじゃないし、食べたい物を食べたい時に食べている。1日3食、しっかりと!

 痩せために「食事制限」は絶対みんなやったことがあるはず。食べる量を減らしたり、ご飯とか炭水化物を抜いたり、あるひとつの食べ物しか食べない単食ダイエットとか・・・。
 でも、みんな絶対に「リバウンド」してしまった経験もあるんじゃ・・・???

 食事制限は絶対にリバウンドして、「太りやすい体質」をつくってしまう。
 食べる量を減らす・炭水化物抜き・単食ダイエットetc.の食事制限ダイエットは、人間の三大欲の食欲を抑えるから、絶対に反動がくる。反動は小さければそんなに問題はなくって、それだったら食事制限を繰り返していたらそのうち痩せていくんだろうけど、その反動つまり「リバウンド」は大きくなって返ってくる。

 痩せるために摂取カロリーを減らす食事制限をすると、摂取エネルギーが少ないので、できるだけエネルギーを消費しないようにと脳が働いて、エネルギーを消費しにくい体をつくってしまう。つまり、「代謝の悪い体」になってしまって「太りやすく体」をつくってしまう。
 食事制限をして「太りやすい体」をつくってしまった上に、リバウンド。ダイエットする前よりも体重が増えてしまって、しかもさらに太りやすい体になってしまう。

 食欲を抑えようたって、食欲は人間が生きてくための本能なんだから、自分の意思でコントロールするのは至難の業。ヨガの修行で食欲をコントロールできる人もいるんだろうけど、ヨガは人間の本能を超えるのか?私達一般人にはそう簡単な事ではないし、第一、私は「コントロール」と言って「我慢」はしたくない。その「我慢」が「リバウンド」につながってしまうからね。

 じゃ、どうすればいいのか?
 しっかり食べて、しっかり運動してその摂取カロリーを消費するか、しっかり食べても運動で代謝をよくして「食べても太りにくく痩せやすい体」をつくればいい。
 じゃ、何をしっかり食べるか?
 ヨガ&ピラティスをして自分の体の動き(つまり筋肉の動き)に敏感になったら、それらをキレイに変えるために自分の内側も敏感になっていく。つまり、内臓(消化器系・呼吸器系・免疫系などなど)の働きだったり、ココロだったり。
 体をキレイに変えようとしていたら、そう思うココロともつながってくるんだけど、自分の内側もキレイになろうとする。そしたら、食べたい物も自然に「自分の体をキレイにする食べ物」を欲するようになる。「自分の体をキレイにする食べ物」を、「自分の体をキレイにする量」を食べるようになるのだ。
 何も痩せるために食べ物を我慢する必要がなくなる。

 つまり、食欲が爆発しないように1日3食、いい意味で「食べたい物」をしっかり食べて、摂取カロリーを消費するためと代謝をよくして「食べても太りにくく痩せやすい体」をつくるためにしっかり運動すること。
 もちろん、食事は規則正しく、運動は地道でも続けて!!
[PR]
by studio_kaya | 2007-09-27 22:00