ヨギック・サイエンス vol.1 ~男性必読!ハゲる危険度の高いポーズにご注意を~

 さてさて、新しく始まったコーナー、『ヨギック・サイエンス 』!!
 ヨギ(ヨガをする人)のための、ヨガを科学的に?サイエンスする??斬新なコーナーでございます。
 その記念すべき第一弾は、「男性必読!ハゲる危険度の高いポーズにご注意を!」です。

 華々しいはずの一発目から、なんだか恐ろしいテーマでございますが、本当に男性、特にアシュタンガヨガをやっている方は必読です。

 ハゲます。
 それは、「セツ・バンダ・アーサナ」。
 アシュタンガ・プライマリーのシークエンスで、バックベンドの前にやるポーズで、バックベンドの準備運動(準備ポーズ)です。
 まるで、プロレス漫画から出てきたような、修行中のレスラーが首を鍛えるためにやっている典型的なポーズ。頭のてっぺんとつま先だけで体を支えて、全身を反らせます。
 
 日本人NO.1のアシュタンガ・ヨギに、taeはホンマにマジで質問したのです。そしたら、彼は、相変わらずの無表情で本当に真面目に答えてくれたのです。
 
 「ハゲます」と!!

 その場を目撃した総勢数十人はハッと息をのみ、そしてざわつきました。

 そして、彼は続けたのです。
 「『ズリッ』といかないコトです」

 それでは、ここでサイエンスティックに解説しましょう。

 セツ・バンダ・アーサナに入る時、仰向けから体を反らしていく。そして、頭もマットとの接地面が後頭部からてっぺんに移動していくのだけど、その時がヤバイ。
 「ズリッ」といかないコトです。

 ヨガマットは素材上、摩擦力が大きい。いくら汗をかいて滑りやすくなっていても、ヨガマットの摩擦力は大切な髪の毛にとってかなりのダメージ。「ズリッ」っといくと、髪の毛や毛根にダメージが大きく、将来ハゲる危険性が高いのです。

 じゃ、どうしたらいいのか?

 後頭部から頭頂部に移動させていく時に、常にマットとの接地面と頭皮を垂直に保って後頭部→頭頂部に転がしていけばいいのです。マットの接地面から「ズリッ」っと頭がずれてしまうと、力の向きがその方向にずれて、毛根と髪の毛に多大な影響を与えます。

 詳しいやり方や気になる方は、スタジオまでお気軽にご質問してください。

 ~次回予告~
 次回は「レスラーが首を鍛える」ついでに、
 『ヨギック・サイエンス vol.2 ~セツ・バンダ・アーサナも含め、首を痛める危険度の高いポーズにご注意を~』
 をお送りいたします。
 
 ご期待ください???

 
[PR]
by studio_kaya | 2007-11-10 09:21