シヴァナンダ・アシュタンガ・ヨガ友 MIKE 2

韓国の女の子 ユージンと一緒の旅も終わり(彼女はヴィヴェカナンダ大学に行く日程の為)。
彼女とはヴァラナシで別れた。彼女の話も色々在るのだけど。。。。
その後、マイソールでの生活が始まった。
始めの2日はゲストハウスに泊まっていたが、宿代が掛かるので、足を使いそこら辺のインド人に聞きながら部屋探しが始まった。
本来は外国人の方にアパートありますって、ビラとか貼られて入るのだけど、そんなの無理。
なぜなら、外人用に貸す為の部屋をキープしているアパートなどは、すこぶる高い。
だから、足を使う。いろんな人に聞いた。
イスラムの人はとてもよい人で、良いよとは言ってくれたのだけど、そこはまさに炎天下の3階。
その時、そこの部屋での生活をイメージする。
とても無理だ、練習行って、帰ってきて休みたいのに、蒸し風呂だ。
と言うことで、そこは礼だけ言って後にした。
それから何時間歩いただろうか、フラフラしながら聞きまくって何とかアパートは見つけた。
ここでの苦労話はまた今度。
アパート生活にも慣れた頃にシヴァナンダヨガ友達のアナンダとカトリーナがアパートにやってきた。
彼らは3ヶ月くらいアシュラムに居たらしい。その後、会いにやってきた。
そこで、彼らが「そういやMIKEの奴、あのあと少しアシュラム居たけどアメリカ帰ったよ、だけどマイソール来るって!!」という話をしてくれたので、早速MIKEにメールした。
そして、MIKE:「マイソールに行って、その後またチェンナイ(マドラス)のアシュラムに行く」と返事が返ってきた。
おおお~~!!MIKE来るんだと、高揚した。
彼と会うのを楽しみにしながら、怪物くん(これにも色々なネタが)を横目にアシュタンガヨガの練習をしていた。
マイソールにて。

To be continued
[PR]
by studio_kaya | 2007-11-11 10:47 | インドとヨガ