ああ~~。バックベンド。。。

はじめに。YOGAYOMU 14号 届きました。フリーペーパーです。興味がある方どうぞ。。

・試練 ウルドゥヴァ・ダヌラアサナ 。。←ブリッジね。
いつも通り少ない人数なので、レッスン終わって気ままにバックベンドのアップダウンの話を少しました。
勿論僕も苦手です。Cさん→英語にて、
Cさん「上がるイメージが分からない!」
fuku「う~ん。」まず英語で躓く。返し言葉がすぐでないから。
Cさん「どこに力を入れるの?」
Cさん「足のスタンスは?足の向きは?etc・・・」
fuku 楽になるスタンスや正しい位置等など、しどろもどろ説明。
Cさん「fukuに此処(手で指し)を触られると、バックベンドがハードです。」
fuku「なるほど。なるほど。」 そりゃ甘い所見つけてるんだからね。
fukuいつもの様に話し始める。それはね・・・・・。
Cさん「ふむふむ」
途中Mさん参加。 Mさん同様に難しいねと話をする。
こう下りてこう上がる練習をしてる~~と見せてくれる。
Cさん「なるほど、なるほど。。」
Mさん離脱。
fuku Mさんのやり方で床まで降り立ったときを見せる。その状態から歩いて移動して起きてみる。
fuku「not correct!」 
僕のは、膝・つま先と甘すぎるんだよね。もっとふわっとね。
Cさん「う~~ん。それでも十分難しすぎる。」
fuku「そうですね・・・」
基本的に英語が苦手なfukuは美味く伝えられないのですが。。。
いっそのこと「気合です!!」←絶対的な自信を持って言えれば楽なのに。
fukuのあほ~~~。と言われそうだけど。
以前、デビット・スウェンソン(David Swenson)のWSだっけな?似たようなことを彼に聞いてた人がいたけど、彼の回答は「考えるな!感じなさい!!」みたいなことをおしゃってました。
起き上がりに関してはいろいろな要素が必要だからね。
確かにそれを感じることも重要だ。
やはり、反りがすごくても胸が開かないとか、荷重のかけ方とか、バックベンドって自分で見えないから意識しにくいよな~~。
ふい~。ふ~ fuku
[PR]
by studio_kaya | 2007-12-26 16:29