続続々鎌倉 大仏あれこれ。

鎌倉散策後半、歩いて高徳院(こうとくいん)に行きました。
この時間にはとても暖かくなり。気持ちよく散歩しました。
そして、久しぶりの大仏にワクワクしてきました。
昔は、学校を休んでお袋が鎌倉に連れて来てくれたのを思い出します。
あのころはロマンスカーに憧れてた。

高徳院の横には怪しい武器のお土産屋さん山海堂商店あり。
寄るつもり無かったのに、たまたま横見たら、なんだか怪しい。。。フラフラと。。
品揃えがすごい。日本刀・手裏剣・槍・盾・鎧・唐人剣・エクスカリバー・トンファー・ヌンチャクetc。
かつて見たこと無いほどの武器。洋画のアクションシーンに出てきそう。
男の人なら十分楽しめます。

しばし楽しんだので、高徳院に。拝観料金200円。
青空の下、鎌倉の大仏はとても神々しかった。
しかし、酸性雨で色が所々変わっているのが気になりましたが。
大仏の中にも(胎内拝観)20円で入れます。
機会も無ければ、重機も無いのに。当時の建築技術は半端じゃないっす。
通称、鎌倉の大仏は銅造阿弥陀如来坐像で、台座も含めて高さ約13m、像高約11メートル。

そして、昨年見に行った奈良、華厳宗大本山、東大寺の大仏さんは東大寺盧舎那仏像(とうだいじるしゃなぶつぞう)と言うそうな。入堂料 500円 ちょっと高い。
大仏殿の正式名称は「東大寺金堂」。
すごいのはこの大仏殿は大仏がさらに大きく見える工夫がしてある。
現在までに補修などが多く当初の部分は一部しか残ってないんだって。
現存の大仏は台座も入れると約18m、像の高さ約14.7メートル。さらに大きく見えるし、本当に大きいわけだ。
鎌倉も奈良も町に情緒・歴史etc、やっぱり歴史のある所は非常に楽しい。

さらにインド、聖地ブッダガヤ。 ここにも大仏がある。
ここに来る前は、カジュラホで散々カジュラホのミトゥナ像、ガンガーでシヴァ神やカーリーを見てただけに、この大仏を見たときはおかしな気分だった。
大乗教インド大仏 高さ25m。
結構日本の援助があったみたい。非常に大きい。
全体的に日本のものと違いヌメっとした感じ。シャキって感じじゃない。
新しい大仏なので、こんな感じなのかな?と。

ちなみに日本では靴を脱いで参拝しませんが、インドでは建物やそれを取り巻く場所からは靴を脱ぐことが多いです。
鎌倉の大仏さんの所は大仏さんが見下ろしている辺りに違った石が敷き詰めているところがありますが、そこは靴を脱ぐところでしょう。
インドでは、至る所で五体倒地礼をしてました。

大仏さんには印の組み方なども違いがあります。
初詣ついでに色々な仏像観察しても面白いですよ。
[PR]
by studio_kaya | 2008-01-06 22:22 | つれ