クジラのとまちゃん

 釧路川に現れたラッコのくうちゃんが釣り針に引っかかって怪我した頃、苫小牧港に死んだクジラが揚がった。
 お昼前のニュースで見て「3時まで調査中」ということなので、「今すぐ行ったらクジラが見れるかも!」って思いついた。

 ・・・と言うことで苫小牧港に着いたのは2時頃。
 調査してたらしき人たちが片づけをしていて、そのそばには緑のカバーがかかった物体がある。

 そばにいた人にクジラの事を聞いたら、もう解剖が終わって「ヌタヌタ」になってしまったのだけど、カバーをめくって見ていいとの事。
 めくれそうなとこをめくってみた。

 全体はもう見れないけれど、クジラの尾っぽとか口の部分、でっかい内臓、切られた肉片が見れた。
 クジラの皮膚も触ってみた。
 感触はキュッキュしてて硬いゴムみたいな感じ。昔、水族園のイルカのショーでイルカと握手した事があるけど、イルカとおんなじですな。イルカとクジラは一緒だし。

 打ち揚げられたクジラは希少種のナガスクジラで全長15mだったんだって。

 苫小牧に来てクジラ触って、すぐに帰ったんだけど、いい経験になった・・・かな? 
 
d0129962_1645153.jpg

クジラの皮膚
d0129962_1645236.jpg

尾っぽ。辺りは血の海です。
[PR]
by studio_kaya | 2009-03-13 16:43