プリンセス・イン・エアー

 たった4ヶ月前、studio kayaから海外に飛び立ったプロ・フィギュア・スケーターの女の子が、急遽お休みをいただけることになって、帰国して早速kayaに来てくれた。
 kayaにずっと通って下さっているお姉ちゃんから、妹さんが帰って来るのを聞いてたからとっても楽しみにしてたんです。

 お土産を頂きました。決して余裕のある経済状況ではないのに、遠く離れた海外で、果ては日本の裏側で、taeのコトを思ってくれて、しかも、旅の荷物も多いのにずっとスーツケースに入れて、一緒に日本に帰って来てくれたコトが、涙が出たほどとっても嬉しい!!

 だから、その日のピラティスは、久しぶりに帰って来た彼女のために組んだプログラム。
 ショーの中で、男性スケーターにリフトされてもお互い大丈夫なように、空中でも体をキープ&自分でもリフトできるような空中技のエクササイズを組みました。
 名付けて「プリンセス・イン・エアー」ピラティス。
 空中でも体の芯が真っ直ぐでバランスがとれて、重心が上がって、そして美しいポーズとスマイルで、お客さんを魅了するようなエクササイズばかりです。
 レベルが高いので普段はやらないエクササイズばかりでしたが、久しぶりにtaeもやってみると、自分のバランスや芯が自分の体の中でどう通っているのかを感じるのに、とてもいい機会で、自分もみんなと一緒に楽しんでしまいました。

 たった4ヶ月前に飛び立ったプリンセスは、たった4ヶ月で、とっても大きくなって帰ってきました。
 taeはこの4ヶ月間、この場所で動かず、毎日変わらず過ごしていて、何も変わっていないのに、彼女は体もしっかりとして強くなって、彼女から感じられるオーラもとっても変わっていました。
 taeにはオーラの色なんて見えないけれど、彼女から感じられるオーラは、何だか押し負かされるほど強くなってキラキラしてて、本当に彼女は変わったんだなと確信できました。

 羨ましいばかりです。
 まだ20代が始まったばかりの女の子には、まだまだこれからです。たった4ヶ月でこんなに大きくなって、まだまだ大きくなれるのですから。

 20代って、大きな夢を語って、自分には絶対に叶える力があると確信している年代。
 大抵は、口だけで大きなコト言って、実際は何も努力してなかったり行動してなかったりしているヤツの方が多い(20代のtaeも含め。20代過ぎて30代に突入してもそんなヤツはいるけど)。

 だけど、彼女は、自分の大きな夢を見つけ、見つけたらすぐにそのために行動して、ダメ元で挑戦して夢をつかんだ。
 taeは、彼女がkayaに通い始め、通い始めた頃にこの夢を見つけ、そしてそれに向けて一生懸命にバイトしながらkayaに通ってたのを知っているから、スケートは滑れないけど、彼女のスケートに関してはまるで親のように感じてしまう。

 本当に、羨ましい限りです。
 taeはもう30代に突入して、環境も精神的にも何か自分が劇的に変わることなく過ごしてきてしまった。
 taeも彼女と同じくらいの変化を望んでいたはずだけれど、だからと言って、何か行動したか・努力したかと言ったら、そうでもない。もっと何かできたはずだと後悔している。

 口だけで大きな夢を語っている20代のヤツらをかわいらしく感じて、30代でも変わらないそんなヤツらにうんざりする方が多い今の時代に、taeにとっては、とってもいい刺激を与えてくれる、大切な存在です。
 
 taeは彼女のスケートの面では親身になって全力でサポートするけれど、彼女はtaeに精神的刺激と成長を与えてくれる先輩です。
 
 さぁ~~~!!
 30代でも遅くはない、って信じて、taeもまだまだ頑張ります!!!
[PR]
by studio_kaya | 2009-06-02 00:48